記事一覧

Be my Valentine... from your secret admirer!

valentinesday2015
ルビーからの手作りバレンタイン・カード♪ ほんの数ヶ月前までは一人で切り抜けなかったハート型が、上手に作れるようになりました

この週末はバレンタインズ・デーでしたので、仲良しの双子ちゃん、ルビー&モリー(7歳)とチョコレート・カップケーキ作りをしました。

valentinesday20152
朝からパジャマでカップケーキ作り。卵を割ったり、混ぜたり、上手にお手伝いしてくれました。チョコレートとピーカンナッツ、マシュマロをトッピング中のルビーとモリー(半分くらいは口に入れていました・・・笑)

アイルランドでもバレンタインズ・デーは恋人たちがデートしたり、告白し合う特別な日で、特別な人に花束やカード、チョコレートなどを贈る習慣があります。
日本では女性が男性にチョコレートをあげますが、こちらでは男性から女性に花束やカードを贈るのが一般的。通常カードには送り主の名は書かず、私のこと好きなのは誰?と相手にヤキモキさせる・・・というのがお決まりです。

日本で男の子たちがチョコレートをいくつももらったか・・・と自慢し合うように、こちらでも学校ではバレンタインのカードを何枚もらったか?・・・が女の子たちの間で話題になるようです。
小学1年生といえど、ルビーとモリーにとってもバレンタインズ・デーは重要。数日前から2人の間で、「モリー、カードもらった?」「ううん、まだ。ルビーは?」「まだもらってない~。カード来るかな~」・・・なんて会話が交わされていましたので、バレンタインズ・デー特別郵便を設定することに。
土曜日だけどバレンタインズ・デーに限っては郵便が届く・・・ということにして、二人のダディーや友人と競合して、前の晩に家のポストに2人宛てのカードを入れておきました(笑)。

valentinesday20154
こんなにたくさんのカードが届いて、わ~い。大きなクエスチョン・マークの「Guess Who?」は、ルビー&モリーからダディーへのサプライズ・カード。もちろんダディーの「謎の崇拝者」を装って(笑)

カードには「I love you」など愛の文句が書かれますが、バレンタインお決まりの言い回しもあって、それがとってもスィート。
「Be my Valentine(=僕のバレンタインになって)」 と言ったら、「特別な人になって下さい」という可愛い愛の告白。(「バレンタインの贈り物を受け取って下さい」の場合も)
そして、カードの最後は「From your secret admirer(あなたに密かに思いを寄せる者より)」・・・で締めくくるのがお決まりです。

valentinesday20155
ルビーに届いた「Be my Valentine」のカード。筆跡はもちろんダディー・・・のはずはありません!

デジタル世代の子供たちですが、手書きのカードや手紙が特別なのは今も昔も変わらず。私も子供の頃そうでしたが、宛名に自分の名が描かれた封筒がポストに届くと、それはそれはエキサイトするんですよね。
筆跡を何度も見ては、「クラスの何君かな~」なんてささやきあっている2人を見ているとちょっぴり良心が痛みましたが、小学1年生の関心事はこのあとすぐにカップケーキ作りに移っていき、楽しいバレンタインズ・デーとなったようで良かった、良かった(笑)。

valentinesday20153
可愛いヘルパーたちのおかげでおいしく出来上がった、バレンタイン・カップケーキ♪

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
秋のケルト市
10月9日(月/祝)浅草ライオンスタジオ

★トークショー「アイルランドの知られざるヒーロー/ヒロインたち」
イベント詳細&お申込みはこちらこちら

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。2000年よりアイルランド在住。アイルランドでの生活、ガイド業を通してのさまざまな体験を皆さんと共有できたら嬉しく思います。最近の趣味はサーフィンとバラ栽培♪

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ