FC2ブログ

「ビッグ・ウェンズデー」がやって来る?

先週辺りからどうやら冬型の天候に突入したらしいアイルランド。北極やアイスランドから冷たい低気圧が近づいて来て、今夜から明日・あさってにかけて大西洋岸が大荒れになるという予報です。

この図は波予報でお馴染みのmagicseaweedというサイトの、明日12月10日(水)の予報図。アイルランド北西部に真っ黒い波ゾーンが接近しています。

bigwednesday101214
怪しげな真っ黒ゾーン、アイルランド北西部に接近中!

通常、ビッグウェイブが来る!とサーファーたちが沸き立つ場合でも、せいぜい赤~ピンク。黒は・・・これまで見たことがありません!

明日の正午に波のサイズは40フィート(12メートル)となり、木曜日の朝には80フィート(24メートル)になるのだとか。風も風速100キロを超えるような突風が吹き荒れるとか。
今世紀最大の嵐、ブラック・ウェンズデー・・・などと呼ばれ、気象庁、ライフボートからさかんに注意喚起が出ていますが、サーファーたちの間では有名なアメリカのサーフ映画にちなんで、「ビッグ・ウェンズデー」と呼ばれたりしています(笑)。
(60年代を舞台にした、水曜日にやって来るという世界最大の波「ビッグ・ウェンズデー」を待ちわびる若者たちのストーリー)

ただ残念なことに、風が完全にオンショアのため、今回の「ビックウェンズデー」にサーファーの姿を見ることはかなわないでしょう。
スライゴ近郊のマラクモア(Mullaghmore, Co. Sligo/2012年に49フィートの波をサーファーが制覇し、それ以来、大波のメッカとして知られるようになった場所)へほんの5分程・・・といったところに滞在しているので、風向きが変わったて、トウイン・サーフィンが行われるのを見られたらいいな・・・と思っていたのですが。
この様子だと、サーフィンどころか、波の見える場所へ近づくことすら出来ないかも(笑)。

すでに外は横殴りの強い雨がビュービュー吹いています。明日は一体、どんな「ビッグ・ウェンズデー」になるのやら。
アイルランド北西部におられる方がいらしたら、くれぐれも気をつけてくださいね。

関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

秋のケルト市!
【ダブリンよりヴァーチャル出演!】
2021年10月30日
詳細・お申込み→こちら

オンライン講演
「モンゴメリ作品とアイルランド」
2021年11月20日(土)16:30~
詳細・お申込み→こちら 《満員御礼》

★オンライン講座配信!
【新規講座】 →詳細決まり次第お知らせいたします!

見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら

★福岡市にて講演
2020年12月

→2022年度に延期となりました

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ