記事一覧

魚介しかメニューにない、キャヴィストンズ・シーフードレストラン

cavistonseafoodrestaurant
新鮮なサーモンのグリル。付け合せのサラダは一見ごく普通に見えますが、パンプキンシードがはいっていておいしかったです♪

仲良くしていただいている写真家・エッセイストの松井ゆみ子さんと久しぶりにランチ。(→過去ブログ:松井ゆみ子さんのアイルランド料理本の決定版!
ダブリン・サウスサイドにあるポッシュなシーフード・レストラン、キャヴィストンズ(Cavistons Seafood Restaurant, Sandycove, Co. Dublin)で遅めのランチをゆっくりいただきながら、おしゃべりに花が咲きました。

キャヴィストンズは創業70年近い家族経営の老舗食材店。今でこそアイルランド人の中にもシーフードを好む人が多くなってきましたが、レストランで魚料理がおいしくいただけるようになったは2000年代になってからではないでしょうか。
そんな、いわゆるダブリンのシーフード・ブームに先駆けて、90年代に食材店付属のレストランを始めたのがキャヴィストンズ。
メニューはすべて、ダブリン近海で漁れる魚介を使ったもの。アイルランドには珍しく、シーフード・オンリーです。

cavistonseafoodrestaurant2
私はセットメニュー(2コースで19ユーロ)をいただいたのですが、冒頭写真のサーモンのメインの前に食べた前菜のサバ料理がコレ。甘辛な味付けが「和」っぽくておいしかった~

食に詳しいゆみ子さん曰く、今はサバの旬なのだとか。てっきり夏かと思っていましたが、商業用のサバ漁は夏は禁止なのだそう。確かに夏に海辺の行楽地などでいただくサバよりも大きく、油がたっぷりのってテリテリな感じでした。

もうお腹いっぱい、デザートはいただかないでおきましょう、なんて言った矢先に誰かがオーダーしたパンナコッタらしきものが目のまえをよぎるのを見て、即オーダー(笑)。
あ~、これがまた天にものぼるおいしさでした。

cavistonseafoodrestaurant3
ベリー入りのパンナコッタ、アイルランドらしいですね

前菜&メインの両方に魚を食べることはあまりないので、今日はサバとサーモンで全身魚づけになった気分。
ゆみ子さんにも、「(肉食の)ナオコちゃんが魚食べてるの、初めて見たかも」と言われましたが、メニューに肉がないので仕方ない(笑)。たまにはこんな日もいいでしょう。

食べて、おしゃべりして、はっと気がつたら車の駐車時間をオーバーしていて大慌てでお店を出たため、外観の写真を撮り忘れました。
レストランは席数が少なくいつも混んでいるので、ランチでも事前に予約を入れることをおすすめいたします。(12時、1時半、3時・・・とスロット制です)

Cavistons Seafood Restaurant
58/59 Glasthule road, Sandycove, Co. Dublin.
Tel: 01 2809245 (direct to restaurant)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
秋のケルト市
10月9日(月/祝)浅草ライオンスタジオ

★トークショー「アイルランドの知られざるヒーロー/ヒロインたち」
イベント詳細&お申込みはこちらこちら

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。2000年よりアイルランド在住。アイルランドでの生活、ガイド業を通してのさまざまな体験を皆さんと共有できたら嬉しく思います。最近の趣味はサーフィンとバラ栽培♪

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ