FC2ブログ

記事一覧

7年前の「私」に出会う

早朝の空港トランスファー。ご帰国されるグループさんをホテルから空港へお送りし、お見送りする仕事です。
約20名ほどのグループさんの中に、またまた私を知るお客様がいらっしゃいました~。

「あなた、ナオコさんでしょ!私たち、99年に○○旅行社であなたの添乗でここへ来たのよ~」

と、駆け寄って来られた女性お2人組。
そう言われてみれば…あっ~、覚えてる、覚えてる~!

「あのあと、○○旅行社で19回も旅行したのよ~。あなたとご一緒したアイルランドの旅が、あんまり楽しかったから~」

と嬉しいことをおっしゃりながら、お客様がバッグから出された一枚の白い紙。

「ほ~ら、あなたが書いて下さったこの地図、ずっと大事に持ってたのよ~」

irelandmap

なんとそれは、7年前、添乗員だった私が書いたイラスト入りアイルランド・マップ!
添乗員時代の私は、大きな画用紙にその国の地図を描き、バスの中に貼り出していました。日程を追ってピンクの蛍光ペンでルートをなぞり、今日はここまで旅しましたよ~とお客様にお話していたものです~。
さらに、同じようなルートマップをイラスト入りで書いてコピーし、旅の終わりに全員に差し上げていたのでした~。

このお客様は、それを7年間、大切に持っていて下さったのです!
さらに、今回の2度目のアイルランド旅行にも持参して下さり、それを参照しながら日々過ごしておられたとのこと。

「あなたが読んでくださったイエーツの詩のコピーも、今回ちゃんと持ってきたのよ~」

ダブリン空港の出発ターミナルで、7年前にタイムスリップしたような気分~。それは私がアイルランドと関わるようになって、まだ間もない頃でした。

旅の感動とは、こういう形で残るものなのか~とある種の感激を覚えました。
添乗員時代の私は、お客様が楽しかろう、喜ばれるであろう、といろんな工夫をしていたものです。自分の経験不足や至らなさを補うためでもあったのですが、お客様はそれを受け止めて、ご自身の旅の思い出や感激として、大切に持っていてくださったのです。

7年前の一生懸命だった自分に、拍手!
きっと「過去の私」が「今の私」にエールを送ってくれたのでしょう。7年前の私に負けないように、今日も頑張らなくっちゃ~!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

おかげさまで重版決定
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。
Instagram

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ