FC2ブログ

黒坂黒太郎さんのコカリナ・コンサート in ウィーン

kokarinavienna3
ウィーン楽友協会ホールにて。黒坂黒太郎さんのコカリナ・コンサート

私の母校・上田高校の大先輩であり、この夏アイルランドに演奏旅行に来てくださったコカリナ演奏家・黒坂黒太郎さんと、コカリナ・アンサンブルの皆さんのウィーン楽友協会ホールでのコンサートにお招きいただき、アイルランドから駆けつけさせていただきました。
(関連過去ブログ→上田高校同窓生 コネマラに集う

会場は超満員。耳の肥えたウィーンのお客様から拍手喝采の嵐の、素晴らしいコンサートでした。

kokarinavienna2
太鼓とコカリナのコラボレーションも斬新。プロの太鼓奏者である黒坂さんのご子息と親子競演

kokarinavienna
アイルランドの時に比べて大所帯。早稲田大学OBOGで結成される合唱団の皆さんも参加

この夏アイルランドに来てくださった方も数名おられ、懐かしくお会いしました。コカリナ・アンサンブルの中には上田市ご出身の方も多いので、ウィーンで県人会・・・もような場面も。

コンサートではアイルランドで演奏された曲もいくつか披露され、懐かしく聴かせていただきました。
その中の一曲、『一本の樹』が私のいちばんのお気に入り。黒坂さんのコカリナの音と奥様の周美さんの歌声、アンサンブルの皆さんの合奏が胸にしみわたる名曲ですが、この曲には天地に届くような不思議な力があるようで、聴く人の多くが涙してしまいます。ウィーンでも、アイルランドでも。
昨日、学友協会ホールで聞かせていただきながら、夏にドネゴールのグレイブ・ギャラリー(Grabe Garalley, Co. Donegal)のコンサートのことを思い出していました。小雨が降る中、屋外のテントでの演奏。この時、「雨が降る~♪」の歌詞に合わせて突然、雨がざ~っと音をたてて降ってきたのには、天地と同盟するコカリナの不思議な力を感じたものです。

ウィーンのあと、黒坂さんご一行はスペインへ向かわれ、アルハンブラ宮殿やカザレス・ホールでコンサートされるそうです。そちらでも素晴らしい演奏をされることでしょう。

来年もぜひアイルランドでのコカリナ・コンサートが実現できますように。

関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

オンラインセミナー開講!
2020年12月19日(土)
20時~・75分間・見逃し配信あり
詳細・お申込み→こちら

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ