記事一覧

「渦巻きの法則」

日々のご案内が終わり、お客様からこんなお褒めの言葉をいただくと、まさにガイド冥利に尽きるというもの。

「とってもわかりやすい説明、ありがとうございました~」
「理路整然としたご案内、よくわかりました~」
「あなた立て板に水のようね~、聞きやすかったわ~」


以前は「親切ね~」とか「アイルランドがお好きなのね~」「よくご存知ね~」と言われることが多く、それはそれで嬉しい気がしたものの、何か違うな~という気がしていました。なんだかレストランで、「素敵なところにお店を出されましたね~」とトンチンカンな褒め言葉を聞いているような気分…。
それが最近、「(ガイディングが)わかりやすい」としきりに言っていただけるようになりました。
やはり「(お料理が)おいしい」とお客様に言わせてこそレストランの本領発揮、同じくガイドも、説明が明瞭で、お客様をフムフムと言わせてこそ、知識と情熱を正しく使って仕事をしていることになるのでしょう。

お客様をフムフムと言わせるには、情報量はもちろん、それを見せる「話術」が必要
私は、ガイディングとは「情報のデリバリー」だと思っています。
お客様にお伝えしている「情報」そのものは、ガイドブックや専門書と共有している部分であり、私のオリジナルでも何でもありません。要はその「伝達の仕方」に、ガイドそれぞれの持ち味やオリジナリティーが発揮されるわけで、これは、同じ教科書を教えても先生によって教え方が異なり、生徒の理解度に反映されるのと同じこと。
情報や素材はもとより、その使い方、見せ方を工夫し、「話術」を磨くのが私たちガイドの仕事の本領と言えるでしょう。

ところで「話術」について、私には、経験から学んだひとつの法則があります。名付けて「渦巻きの法則」、古代史跡に刻まれたこの文様から思いつきました~。

newgrangespirals
Knowth.comより)

これは、ニューグレンジの墓室内の巨石に刻まれた謎の渦巻き文様。3つの渦巻きが結合するこの文様は、5200年前の新石器時代の人々が描いたものです。(金属が発明される以前のものですから、石器で彫刻されたもの。)

私の「渦巻きの法則」は、まさにこのイメージ
ひとつのトピックに対してだいたい3つくらいの具体例(年号、数字、人物の名前、歴史的事実などなど)を挙げ、それをぐるぐると掘り下げて話すのですが、思う存分ぐるぐるしたら、最後は中心トピックに戻してあげる。ここが大切です。
非常に単純なことなのですが、その「ぐるぐる」が戻ってきたときに聞き手はフムフムとなり、理解したという満足感を得るようです。

もし「ぐるぐる」が戻ってこないで、話が脱線したまま次のトピックへ移ってしまうと、聞き手は中心を見失い、「今何の話を聞いているんだっけ?」と不安になってしまいます。まさに、話のオチのない状態。
これだと、「あのガイドさん、ひとりでベラベラしゃべっているけど、なんだか内容がないよな~」と、一生懸命ガイディングしているにもかかわらず、空回りになりがち。

「渦巻きの法則」は、一般的な会話や、さまざまな現象にも当てはめることが出来ます。
中心をはずさない会話をする人は魅力的。
単独で渦巻きを作るより、人と結合している方が何事もうまくいく。
あちらこちらで渦を作って脱線する人生も、中心さえしっかりしていれば大丈夫、などなど。

どうやら、「つながっている」「元に戻る」「中心がある」という感覚は、人に安心感を与えてくれるようです。
どんなに「ぐるぐる」しても最終的には元に戻っていく。それがわかっていれば、不安にならずに「ぐるぐる」脱線することを楽しめますしね~。
5000年前も今も、人間が心地よく思うイメージ、大切だと思うものは変わらないということでしょうか~。

コメント

ぐるぐる

渦巻きの法則、なるほどなあと思いました。

ウーン! 今日のお話は抜群。うなりました。そう言われれば話上手な人は皆、この法則を使っていますね。みんなで話すときもそれぞれ渦を作っていても、もとに戻ったときは手応えがあったような顔をしますものね。日頃の何気ない行動もこうやって解き明かされると、哲学になろうというももの。
「つながっている」「もとに戻る」「中心がある」これは決して忘れません。
いつも 物事を考察していると このような含蓄のある答えが出てくるのでしょう。

四方俊男さんへ

ちょうど今日、四方さんご夫妻のことを考えていました。そうしたら、コメントがあったのでびっくり!

アンナムさん

現代人は、脳の30パーセントくらいしか使っていないんだそうです。
だから、ものすごく考察したり、特別な気づきがあったりしないと哲学に至らないのですが、古代人ってきっと、そんなことぜ~んぶわかっちゃってたんじゃなかろうか・・・って思うのです。
私が30数年かかって気がついていることも、古代人はもともと全部知ってたんじゃないでしょうかね~。人間は、もしかして退化している・・・?

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

おかげさまで重版決定
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。
Instagram

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ