fc2ブログ

スミディックス・エクスペリエンス見学(キルケニー)

smithwicksexperience2
ホッピングが行われる釜にて。釜に書かれているように、「スミディックス独特の香りと味」はホップが決め手!

日本のビール会社関連のお客様をご案内して、この夏キルケニー(Kilkenny, Co. Kilkenny)に新しくオープンしたスミディックス醸造所内の展示館、スミディックス・エクスペリエンス(Smithwick's Experience Kilkenny)へ行ってきました。

アイルランドと言えばギネスが有名ですが、実はスミディックスはギネスより創業が半世紀早く、現存するアイルランド最古のビール製造会社です。
ギネスは黒い色をしたスタウトと呼ばれる種類ですが、スミディックスは赤茶色のエール。ギネスより飲み口が軽く、フルーティーな味と香りが印象的なビールです。

smithwicksexperience5
細い路地の奥に残る、スミディックス社の名の入ったオリジナルのゲート

スミディックス社の創業は1710年ですが、エール・ビールの歴史はそれ以前にさかのぼり、13世紀頃からキルケニーの聖フランシス修道院の修道士により製造されていました。
スミディックス・エクスペリエンスでは、スミディックスの発祥、ファミリーの歴史、会社の変遷などを順を追って見ていき、続いて製造過程の見学、最後にバーで出来立てのスミディックスを試飲。非常に楽しい見学で、お客様に通訳しながら私も引き込まれてしまい、見学が終わった時にはすっかりスミディックス・ファンになっていました(笑)。
(ガイド付きツアーに入らず、個人での見学も可能)

smithwicksexperience1
発酵前のアルコールになる前の麦汁(Wort)を試飲出来ます。ほんのり甘い麦茶みたいな味?

smithwicksexperience4
発酵、フィルターの家庭。ギネス・ストアハウスと同じく、ディアジオ社(Diagio)が手掛けているだけあって、おしゃれな展示館

見学ツアーの中で印象的だったのは、スミディック一族のヒストリーでしょうか。イギリス支配の元、カトリック教徒であったスミディック一族には会社設立・土地所有などの権利与えられていなかったにもかかわらず、運と情熱によって頭角を表していきます。
キルケニーの石灰岩質の硬い水質はエール・ビールの醸造に適しており、当時さまざまな小ビール会社がひしめき合っていたようですが、その中でスミディックスのみが生き残っていくのです。

ウンチクたっぷりの説明を聞いた後でいただく一杯は、なんともおいしく感じられました。
アルコール度数もカロリーもギネスより若干低いそうですよ。(ギネスもビールとしては決して高くありませんが)

smithwicksexperience3
出来立てのスミディックス!

関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

秋のケルト市!
【ダブリンよりヴァーチャル出演!】
2021年10月30日
詳細・お申込み→こちら

オンライン講演!
「モンゴメリ作品とアイルランド」
2021年11月20日(土)16:30~
詳細・お申込み→こちら 《満員御礼》

福岡市にて講演!
2021年4月24日(日)

→詳細は追ってお知らせします!

オンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら
新規講座! →詳細決まり次第お知らせいたします!

カレンダー

09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ