FC2ブログ

ツイード製品の工場を視察

アパレル関係の企業視察2日目。今日はダブリンから北へ1時間ほどのドロヘダ(Drogheda)の町へご案内しました。

ドロヘダと言えば聖オリバーの聖遺物(なんと頭蓋骨!これについてはまた後日お話します~)のある町として知られますが、産業都市としての一面を持つ、活気あふれる町でもあります。
ボイン川の河口近くに位置するこの町、ウールの集積地&アイリッシュ・ツイードの生産地としての伝統があり、かつては織物産業のメッカとして名を馳せておりました。

そのような話はすっかり昔のこと…と思っていた私は、今も手作業で機織りから縫製まで行っている会社がドロヘダに何件か存在していることを知り驚き~!
近くで道を聞くと、「あら、その会社、今もあるのかしら~」という答えが帰ってきて不安になったのですが…

じゃ~ん、ありました。

weaverdrogheda1

まわりの住宅地に押しつぶされそうになりながらも、なんとか生き残った工場のひとつがこちら。今は住宅地になってしまった周辺の一体が、かつては全部、織り物工場の敷地だったそうです~。

職人さんたちは皆、女性。広~い工場内に5人くらいしかいませんが、朝も早くから仕事を始めている様子。

織り上がったツイードが棚にいっぱい~。
weaverdrogheda3

ミシンをかけたり、
weaverdrogheda2

裁断したり、
weaverdrogheda4

どうやら、ツイードのスカートを作っているようです。

考えてみれば、私たちが日常身につけている衣類は、すべて誰かがこうやって作ってくれているもの。
東南アジアやインドで作られることが多いのでしょうが、黙々と作業をしているお針子さん(というのでしょうか)たちを身近で見て、実感が沸いてきました~。


関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

秋のケルト市!
【ダブリンよりヴァーチャル出演!】
2021年10月30日
詳細・お申込み→こちら

オンライン講演
「モンゴメリ作品とアイルランド」
2021年11月20日(土)16:30~
詳細・お申込み→こちら 《満員御礼》

★オンライン講座配信!
【新規講座】 →詳細決まり次第お知らせいたします!

見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら

★福岡市にて講演
2020年12月

→2022年度に延期となりました

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ