記事一覧

海辺のリゾート地、バンドーランのグレートノーザン・ホテル

アイオナでの短い夏休みを終え、今度は雑誌の取材コーディネートの仕事でアイルランド北西部に来ています。
(アイオナについてはまだご紹介したことがあるのですが、続きは後日、また時間のある時に・・・♪)

今回の取材は風景や観光名所ではなく、「人物」。海辺のリゾートタウン、バンドーラン(Bundoran, Co. Donegal)に滞在しながら、この町に住むとある姉妹さんに密着取材中。

バンドーランと言えば、アイルランドのサーフィン・キャピタルとして知られる町。サーフィンをしに頻繁に来ているこの町に仕事で滞在とは、なんだか不思議な気分です。
普段バンドーランにサーフィンしに来るときはホステルやB&B、友人宅などに泊まるので、この町でホテルに泊まるのは初めてかも。
19世紀創業の老舗ホテル、グレートノーザン・ホテル(Great Northern Hotel, Bundoran, Co. Donegal)に宿泊していますが、懐かしの海辺のリゾートホテル・・・といった面影いっぱいで、なんだかいい感じです。

greatnorthernhotelbundoran07143
ビーチ、海沿いのプロムナード、ゴルフ場に隣接。このロケーション、なんだか雰囲気満点で、イギリスの古い小説(「レベッカ」とか、アガサ・クリスティーとか!)の舞台になりそうな・・・

グレートノーザンとは、イギリス時代の鉄道会社の名前。アイルランドには19世紀半ばから後半にかけて鉄道が敷かれ、南部はグレートサザン、西部はグレートウィスタン、北部はグレートノーザン・・・などの会社により運営されていました。
終着駅には鉄道会社が経営するホテルがあり、アイルランド独立後、運営がアイルランド国鉄に引き継がれた後も、「グレートノーザン」、「グレートサザン」はホテルの名として残されたのでした。

今や資本が変わり、かつてのグレートノーザン、グレートサザンの多くがホテル名を変えてしまったため、バンドーランのこのホテルが国内唯一の「グレードノーザン・ホテル」。(一度名を変えたものの、再びもとの懐かしい名に戻したのでした)
ダブリンからの鉄道は1950年代に廃線となり、駅舎や線路が残っていないのが残念ですが。
(現在Super Valueというスーパーのあるところに駅舎があったそうです)

greatnorthernhotelbundoran0714
アイルランドは今週来週が夏のホリデーのピーク。ホテルは小さい子供連れのご家族でにぎやかですが、静かな午後のロビーでくつろぐご年配の常連さんの姿も

取材内容、雑誌の出版予定は、また追ってお知らせいたしますね♪

greatnorthernhotelbundoran07142
ホテルに隣接する海辺のプロムナードにて、ライターのるみ子さんと写真タイム。カメラマンの高橋ヨーコさんが撮ってくださったスナップです♪

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
秋のケルト市
10月9日(月/祝)浅草ライオンスタジオ

★トークショー「アイルランドの知られざるヒーロー/ヒロインたち」
満員御礼にて無事終了、ありがとうございました!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。2000年よりアイルランド在住。アイルランドでの生活、ガイド業を通してのさまざまな体験を皆さんと共有できたら嬉しく思います。最近の趣味はサーフィンとバラ栽培♪

カレンダー

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ