記事一覧

「トラリーのバラ」咲く、トラリー・タウン・パーク

traleerosegarden3
活き活きと見事に咲くバラの花。トラリーのタウン・パークにて

トラリーのタウンパーク(Town Park, Tralee, Co. Kerry)でバラが見頃・・・と聞き、ツアーの皆さんとご一緒に立ち寄ってみました。

トラリーは、有名なアイルランド民謡「トラリーのバラ(Rose of Tralee)」の発祥地。歌にちなみ、タウン・パークはローズ・ガーデンとなっており、約5000本の色も種類もさまざまなバラが植えられています。

traleerosegarden9
咲き誇る赤いバラ、まるでブーケのごとく花が鈴なり

traleerosegarden8
ピンクのバラを愛でるお客様

traleerosegarden2
紫のバラ・・・と言ったら、『ガラスの仮面』!お客様はどなたも反応されませんでしたが(笑)

traleerosegarden7
黄色のバラは、まだまだこれから次々咲きそう

traleerosegarden
散りゆく花の中、美しく咲き残る一輪

民謡「トラリーのバラ(Rose of Tralee)」は、身分の差により引き裂かれたウィリアムとメアリーの悲恋を詠んだ歌。
女中として屋敷にやってきたメアリーに一目惚れしたウィリアム。結ばれぬまま戦地におもむき、メアリーへの想いに支えながら生き延びたウィリアムですが、故郷に戻ってみたら最愛のメアリーは肺結核で亡くなっていた・・・。
その悲しみを、ウィリアム・マルチノック(William Mulchinock)さん本人が歌に詠んだと言われています。
(どんな曲か聞いてみたい方はこちら

traleerosegarden6
公園にあるウィリアムとメアリーの銅像。その美しさゆえに「トラリーのバラ」と呼ばれたメアリーにちなみ、トラリーでは毎年8月に「ローズ・オヴ・トラリー・フェスティバル」が開催されています(→過去ブログ:ローズ・オブ・トラリー50周年!

コメント

え~、ガラスの仮面に誰も反応無し?
それはどっちのジェネレーションギャップ?
若すぎるのか、年配すぎるのか・・・。
私なら、「マヤ!真澄さま!」って即反応しちゃうな。
その場にいたかったわ(笑)

Pearlさんへ

でしょ、でしょ、反応してくださって嬉しい~!!!

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
秋のケルト市
10月9日(月/祝)浅草ライオンスタジオ

★トークショー「アイルランドの知られざるヒーロー/ヒロインたち」
イベント詳細&お申込みはこちらこちら

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。2000年よりアイルランド在住。アイルランドでの生活、ガイド業を通してのさまざまな体験を皆さんと共有できたら嬉しく思います。最近の趣味はサーフィンとバラ栽培♪

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ