記事一覧

ニット作家・三國万里子さんの新刊、アイルランドで取材&撮影

mikunisanaran05147
イニシア島(Inis Oirr, Aran Islands, Co. Galway)にて、何十年もまえに編まれた個人所有の古いアランニットを見せていただきました。お母さんが、お孫さんの堅信礼のために編んだという特別な日のための一枚

この数日間、ニット関連の取材&撮影コーディネートの仕事で、アラン諸島の2つの島(イニシア、イニシュマーン)、ゴールウェイ(Galway)、カウンティー・メイヨー(Co. Mayo)などへ行っていました。

ご活躍中のニット作家・三國万里子さんの新刊本のための取材旅行。三國さんとは初めてご一緒させていただきましたが、作品はもちろんのこと、たたずまいもとても素敵な方。
そして誠に僭越ながら、三國さんと私は同じ大学同じ学部の同期で、誕生日も一日違いであることが発覚! 不思議なご縁を感じるとともに、星回りが一日違うと人生こんなに違うんですね・・・と皆で納得し合ったのでした(笑)。
(ある意味、どちらもニッチな方向に両極端・・・笑)

mikunisanaran05145
イニシアでニッターさんを取材、編み棒を持つと魔法のごとく動き出す手元をカメラマンさんが接写。子供の頃から家計を助けて編み始めたというブリードさん、小学校を卒業するまでには売り物になるセーターを編めるようになっていたということからスゴイ

アラン諸島ではお天気が良すぎるくらいに晴れて、ニット関連の取材のみならず、美しい景観も堪能していただきました。

mikunisanaran05142
崖っぷちで撮影するカメラマンのNさんと編集者のSさん。海の青、岩のグレー、緑の草地の縞模様。この自然が作り出す色使いや模様がアランの人々のセンスにつながっているような気がします(イニシュマーンにて)

mikunisanaran05143
ストーンウォールをのぞいたら、牛さんがコンニチハ♪

三國さんのアイルランド紀行が綴られる新刊は、年内に出版予定とのこと。
詳しいことが決まりましたら、またお知らせいたしますね。

mikunisanaran0514
戸口にさりげなくかけられた「ケードミーラフォールチャ (cead mile failte) 」の文字。アイルランド語で「10万回のようこそ」の意味。イニシュマーン島(Inis Meain, Aran Islands, Co. Galway)のB&Bにて

コメント

おんなじWだよ、とまではお伝えしていましたが、まさかそこまで一致していたとは…。アイルランドには、不思議なcoincidenceを生み出す何かの力があるように思います。これが妖精の働きなのかも。

ブリッドさんの元気な姿も拝見できて、うれしいです。

ちょっとだけですが私も今回のお仕事に関われてよかったでした。

Re: タイトルなし

野沢さん、嬉しいコメントをありがとうございます。妖精、よく働いています!ブリードさんにもよくしていただき、感謝感謝です。

今回のお仕事をさせていただくにあたり、野沢さんのご本を再読させていただきました。いいですね~。セーター編めないけれど、ますます好きになってきました♪

Re: タイトルなし

ちなみに冒頭写真のセーターは、ブリードさんのお母さんのブリードさんが編まれたものです。見せていただいて感激しました。

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
秋のケルト市
10月9日(月/祝)浅草ライオンスタジオ

★トークショー「アイルランドの知られざるヒーロー/ヒロインたち」
満員御礼にて無事終了、ありがとうございました!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。2000年よりアイルランド在住。アイルランドでの生活、ガイド業を通してのさまざまな体験を皆さんと共有できたら嬉しく思います。最近の趣味はサーフィンとバラ栽培♪

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ