記事一覧

野の星バターカップ

今の時期、ハリエニシダの黄色に負けないくらいに野山を鮮やかに彩るのは、キンポウゲの花

buttercupfield2

一つ一つは小さな花ですが、緑の中に群生するその様子は、キラキラと光る野の星のよう。

buttercupsfield

英語名はバターカップ(Buttercup)と言い、花びらが黄色いバターをぬったようにツヤツヤしていることから付けられた名前。
そう言われると、バターをたっぷ~り使った小さなカップケーキにも見えてきて、お腹がぎゅるぎゅる~。

ところが、酪農の国アイルランドではバターはそれはそれはおいしいのですが、バターカップの花の方は、そうでもないらしい。
ものの本によると、つややかな花びらには実は毒があるとのこと!

目にはおいしく、愛らしく映るものほど、なめてみる時には要注意…ってことでしょうか。


コメント

何度見ても可愛い。私はバターカップよりキンポウゲっていう日本語の響きが好きです。初めてキンポウゲを見たとき、名前の通りのかわいい花だと思ったのを覚えています。大好き!

Pearlさんへ

ほんと、可愛い花ですよね~。キンポウゲの群生の中に、馬がいる景色が大好き。なかなか写真に撮れないのですが。

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

おかげさまで重版決定
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。
Instagram

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ