記事一覧

マドンナブルーのボラジ(ボリジ)に夢中

Borage04143
玄関先に咲くボラジの花

イチゴのコンパニオンプランツに・・・と思って鉢の脇に種を蒔いておいた「ボラジ(ボリジ)」が、イチゴ以上によく育ち、愛らしい星型のブルーの花を咲かせてくれています。

和名は「ルリジサ」というこのハーブ。その昔、聖母マリアの青いドレスを描くために花弁から色を抽出したことから「マドンナブルー」とも呼ばれるそうです。
さまざまな効能があり、ストレスや欝を和らげたり、美肌効果もあるとか。茎や葉も食べられるようですが、かなりゴワゴワした毛が生えており、なんとなく扱いづらく挑戦してみていません。

茎は小さな花とは不釣り合いに長くのび、添え木が必要なくらい。その姿はあまり可愛らしくないので花だけ見た方良さそう・・・と思い、ネットで検索したところ、花をそのまま砂糖に閉じ込めてしまう(クリスタライズド)方法が出ていたので、早速やってみました。

Borage04144
花弁を傷めないよう注意深く収穫した花を、ボウルに張った水の中でさっと洗います

キッチンペーパーの上にのせて水気を切ったら、花の表裏にはけで卵白をまんべんなくぬり、グラニュー糖を敷き詰めたお皿の上へ。上からさらにグラニュー糖をまぶして、完全に乾燥して固まるまで2~3日そのまま置きます。

Borage0414
ああ、きれい。可愛らしい花を枯らすことなく砂糖の中に閉じ込めてしまいましょう♪

花がカラカラに乾燥したら出来上がり。乾燥剤を入れたビンに入れて冷蔵庫で保存すると、数ヶ月は持つそうです。
デザートの飾り付けに使ったり、紅茶に浮かべて楽しめそう。

つみたての花を製氷皿に入れて、アイスキューブの中に固めてしまう方法もあり。お天気も良くなってきたことですし、次回の収穫の際はそうしてみようと思います。
マドンナブルー入りの氷を浮かべて何を飲もうか・・・今から楽しみです♪

Borage04142
なんとひとつだけピンクの花が咲きました!切花にして部屋に飾り、大事に観賞(笑)

→追記(4月28日朝):なんと、ピンクだった花が朝になったらブルーに変わっていました。やはりマドンナブルーの清らかさ&美しさを身にまとうのが一番・・・と気が変わったのでしょうか(笑)。

コメント

以前、私も作ったけど大失敗。卵白の中にボリジをどさっといれたら花びらがくっつき、それをグラニュー糖の中に入れたらブルーのだんご虫になった!

アンドーさんへ

はははは。私も最初はグラニュー糖をたっぷりつけすぎてしまって、花の形がよくわからなくなってしまったのですが、毎日たくさん咲くので何度か試行錯誤して、まあまあきれいにできるようになってきました。
乾くのに時間がかかりますね、早く取ろうとするとぐちゃ!となってしまったり。
作って何・・・というわけではないけど、楽しい♪

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
秋のケルト市
10月9日(月/祝)浅草ライオンスタジオ

★トークショー「アイルランドの知られざるヒーロー/ヒロインたち」
イベント詳細&お申込みはこちらこちら

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。2000年よりアイルランド在住。アイルランドでの生活、ガイド業を通してのさまざまな体験を皆さんと共有できたら嬉しく思います。最近の趣味はサーフィンとバラ栽培♪

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ