記事一覧

マンモスの骨?

wollymomonthbone2
サーフクラブでいちばん小さい2人、私とキーラ。「マンモスの骨」にぴったりはまりました(笑)

キャッスルグレゴリー(Castlegregory, Co. Kerry)への旅行中、サーフィンの合間に「マンモスの骨」を見に行きました。

昨年の旅行の際、ウォーキングに出かけた友人2人が、地元の釣り人から「この先に巨大な動物の骨らしきものがある」という噂を聞きつけて帰ってきました。
2人はその骨を発見出来ずに帰ってきたのですが、それを聞いた地質学者であり、本当は恐竜学者になりたかった(!)アンマリーが大興奮。早速出かけて行って骨を発見、「ウーリー・マンモス(Woolly Mammoth)の骨よ~」と大騒ぎで帰ってきたのでした。

話がどんどん大きくなり、いろいろな人が見に行った結果、どうやらクジラの骨らしい・・・ということになったのですが(笑)、アンマリーの「マンモスの骨だと思ったほうが夢があるじゃない」(←さすが恐竜学者を目指していた人だけあって、言うことがいいですね~)のひと言で、少なくとも私たちにとっては「マンモスの骨」ということになったのでした。

サーフィンで疲れていたのか、なぜか去年見に行くチャンスがなかった私。今年こそは!とアンマリーに連れて行ってもらいました。

キャッスルグレゴリーからマハリーズ(Maharees)方面へ車で10分程、村に車を停めて半島の先端へ歩くことさらに10分程。道中、海岸や、対岸のディングル半島の山々がとてもきれい。
景色に見とれながら歩いていると、海岸沿いの畑の脇に忽然と、まるで誰かがディスプレイしたかのように「マンモスの骨」が現れました。

wollymomonthbone4
じゃ~ん。昨年と同じ場所にちゃんとありました

wollymomonthbone3
海を背景にして、横から見るとこんな感じ。一体どこの部分の骨なのでしょう

地元の人たちにはよく知られたスポットのようで、あ~あのクジラの骨ね、と特に気にもしていない様子。
一体どうしてここにあるのかは、誰も明らかにしてくれませんが・・・。

お気に入りの「マンモスの骨」が今年もそこにあることを確かめて、ひと安心したアンマリー。数万年前(数十万年?)のロマンに想いを馳せ、春の夕方のウォーキングを楽しみながら戻ってきました。

wollymomonthbone
周辺の海岸は岩だらけ。地質学者のアンマリーといると岩の説明をたくさんしてもらえます

※「マンモスの骨」への行き方:キャッスルグレゴリーから北のマハリーズ方面へ車で約10分程、右手にSpillane's(バー&レストラン)を通り過ぎ、最初の曲がり角を左へ。ここがファハモア(Fahamore)の村だと思います。(オレンジの家が目印)
行き止まりになったら、周辺の民家にじゃまにならないよう車を止めて、半島の先端へ向かって歩くこと10分程。突端近くまで来たら下の写真のストーンウォールにかすかに作られた隙間をまたいで、海岸と反対側の草地に入ります。さらに半島先端の方へ歩いていくと、白い骨が忽然と現れます。(ニンジンや玉ねぎの畑が脇にあります)

wollymamonthbone5
人が通るためにわずかに開けられた隙間。家畜が逃げないための昔からの方法です

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
秋のケルト市
10月9日(月/祝)浅草ライオンスタジオ

★トークショー「アイルランドの知られざるヒーロー/ヒロインたち」
イベント詳細&お申込みはこちらこちら

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。2000年よりアイルランド在住。アイルランドでの生活、ガイド業を通してのさまざまな体験を皆さんと共有できたら嬉しく思います。最近の趣味はサーフィンとバラ栽培♪

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ