記事一覧

田舎で過ごすクリスマス その2(セント・スティーブンズ・デー)

xmasleitrim20136
ロレインが作ってくれたアイリッシュブレックファースト。ボクスティ(ポテトのパンケーキ)を添えるのがリートリム風

カウンティー・リートリムの友人ロレインのご実家で過ごした今年のクリスマス
クリスマス翌日のセント・スティーヴンズ・デーは、ロレインの愛犬サリーを連れて小一時間程ウォーキングに出かけました。

xmasleitrim201310
村の名のサインポスト。気温が下がって道路が少し凍り気味・・・

xmasleitrim201311
お散歩に大喜びのサリー

xmasleitrim20139
アイルランドのラグビー・スター、ブライアン・オドリスコルが結婚式を挙げた教会。ロレインの実家のすぐ近所にありました(過去ブログ参照→おめでとう!ブライアン&エイミー)

xmasleitrim20138
ロレインが通った小学校。数日まえに降った雪がこんなに残っていました!

xmasleitrim201312
小川に石を投げてサリーを飛び込ませようとするロレイン

ロレインのお父さんは肉牛&乳牛の酪農家。前日に私に会ったときの第一声は、「アイリッシュ・ビーフを買ってくれることになり、ありがとう!」(笑)。
そう、先日のティーショック(アイルランド首相)の日本訪問で、日本で13年間禁止されていたアイルランドの牛肉の輸入が解禁されたのでした。酪農家たちに朗報・・・と報じられていましたが、ここでお礼を言われるとは(笑)。

xmasleitrim201314
ロレインのお父さんの牛を見せてもらいました。こちらがビーフになる子たち

xmasleitrim201313
こちらは乳牛。サリーに興味津々の子牛

農場の中に母屋があって、道路を挟んで目の前はアイルランドの国技ゲーリックゲームのグランド。セント・スティーブンズ・デーには試合を行う風習があるようで、この日も午後から地元の人々が集まってゲーリック・フットボールをの試合をしていました。

農場で育ち、子供時代は国技のスポーツをしたり、地元の名人にフィドルを習っていたというロレイン。友人の中でもいちばん面倒見がよく温厚な彼女の気質は、伝統的なアイルランドの色の濃い、こういう環境の中で育まれたんだなあ・・・と合点がいったような気がしました。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
秋のケルト市
10月9日(月/祝)浅草ライオンスタジオ

★トークショー「アイルランドの知られざるヒーロー/ヒロインたち」
イベント詳細&お申込みはこちらこちら

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。2000年よりアイルランド在住。アイルランドでの生活、ガイド業を通してのさまざまな体験を皆さんと共有できたら嬉しく思います。最近の趣味はサーフィンとバラ栽培♪

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ