FC2ブログ

汽車に乗って…今度はウォーターフォードへ

…やってきました~。

trainwaterford

ダブリン(ヒューストン駅)から約2時間、停車駅にのんび~り停まりながら、「あいるらんどの田舎」をゆっくり走ります。

どうやらこの路線、通勤に利用している人が多いようです。
ダブリンでの市内観光を終えたあとで夕方の列車に乗ったためか、勤めを終えて帰宅する人たちが多く乗っており、車内での会話のはずみようがスゴイ~

「あ~ら、○○さん、今日は3両目に乗ってなかったじゃない~」
「会社のボスの△△ってば…」
「今週末、あなた、何してすごすの~(3連休なので)」
「××病院の電話番号なんだけど、間違って教えられて、そりゃもう大変で…(私の向かいのこの女性、通路挟んで向こう側に座ってる知り合いと、えんえん40分この会話)」

などなど、みんな知り合いなの…?
乗車率は30パーセントくらいなのに、車両内がまるでパブにいるかのようなにぎやかさ。車掌さんもよくしゃべるし、UKらしくきっちり整った印象のベルファースト行き列車とは雰囲気がずいぶん違うのです。

しかし、こんな中に一人外国人として座っていても、なぜか疎外感を感じないところがアイルランド。

半分以上の乗客が、中間地のキルケニーで下車してしまい、知り合いがいたわけでもないのにでもなんだか寂しくなってしまったのでした~。


関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

★オンライン講座配信!
【新規講座】 →詳細決まり次第お知らせいたします!

見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ