FC2ブログ

今年も恒例、インターカウンティーズの週末

この週末はドネゴール(Co. Donegal)へサーフィンに行っていました。
インターカウンティーズ(Intercounties Surfing Championships)という毎年恒例の県対抗のサーフィン大会が開かれており、それに合わせて私が所属する東海岸のサーフ・クラブからも総勢30名ほどがロスナウラ(Rossnowlagh, Co. Donegal)へ遠征&大集合しました。

rossyintercouty2013
大会後のサーファーズ・バー(Surfers Bar, Rossnowlagh, Co. Donegal)でのパーティーは毎年恒例のお楽しみ。国内の各地方のサーファーたちが集い、アイルランドのサーフ・コミュニティーに属していることを実感できる瞬間でもあります

思えば今からちょうど3年前のインターカウンティーの週末が、私がサーフ・クラブに入って初めて参加したサーフ・トリップでした。
ビーチで、そしてサーファーズ・バーで多くのサーファー仲間に出会い、あれから3年。今やサーフィンそのものだけでなく、このサーフ・コミュニティーでの交流が生活の大きな位置を占めるまでに。仕事以外に生活の場が広がり、数え切れないほどの友人が出来たことは、サーフィンを初めて本当によかったと思うことのひとつです。

rossyintercouty20132
波を眺めながら、今入るべきか待つべきか…。こうやってコンディションを見ながら、ビーチでああだこうだとサーフ談義するのも楽しみのひとつ

1969年から行われているアイルランドで最も長く続くサーフィン大会であるインターカウンティーズは、ロスナウラ海岸で開かれるのが習わしなのですが、今回はロスナウラの波のコンディションが思わしくなく、近くのタラン(Tullan, Bundoran, Co. Donegal)にて行われました。

rossyintercouty20133
360を披露する若手サーファー!

そろそろ大会出場…もしてみたいところですが、さて外国人の私はどの県を代表すべきか。
ダブリン在住の日本人サーファーでチームを作って出場…なんてことが出来たら楽しそうだなあ…と来年に向けて夢はふくらみます♪





関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

オンラインセミナー開講!
2020年12月19日(土)
20時~・75分間・見逃し配信あり
詳細・お申込み→こちら

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ