記事一覧

やっぱり素敵…アッシュフォード・キャッスル・ホテル

IMG_3066.jpg
13世紀築城、15世紀、19世紀…と増築しながら現在の姿となった名城アッシュフォード・キャッスル

アイルランドきっての高級古城ホテル、アッシュフォード・キャッスル・ホテル(Ashford Castle Hotel, Cong, Co. Mayo)に宿泊しています。
かつては一年に何度もお客様をご案内して来ていたものですが、近年ツアーの内容もさまざまになったせいかすっかりご無沙汰。気づけば約2年ぶりでした。

asfordcastle08135
城内はシックなお屋敷風。中世の城のおどろおどろしさはなく、19世紀の豪華なマナーハウス風

asfordcastle0813
湖ヴューのお部屋からの眺め。アイルランド共和国でいちばん大きな湖・コリブ湖が見晴らせます

IMG_3064.jpg
なんと客室のアメニティーが昨年ユニクロとコラボしていたアイルランド人デザイナー、オーラ・カイリーの柄に変わっていました!
≪追記(2016年4月):ホテルの経営が変わり、現在は海藻コスメのVOYAの製品に変わっています≫

数ある古城ホテルの中で、いちばん有名なアッシュフォード城に宿泊…とはなんだかベタな感じではありますが、それでも今回久しぶりに来てみて、やっぱりいいな~と思ってしまったこのお城。豪華な古城なのに気取りがなく、なんだかリラックスできるんですよね。
お客様も皆さん、ゆっくりくつろがれているご様子。お庭を散歩したり、映画「静かなる男」のロケ地として知られるコング村(Cong, Co. Mayo)まで歩いて出かけたり。
時間があれば敷地内でさまざまなアクティビティーも楽しむことが出来ます。乗馬、ゴルフ、ボード・クルーズ、釣り、そして鷹の調教(Falconry)まで出来てしまうのです。

asfordcastle08131
お城に隣接するボート・ハウス。今日も釣りをしている人が何人かいました

久しぶりに来たにもかかわらず、レストランのマネージャーや古くからのスタッフは私のことを覚えていてくれて、「Welcome Back! 久しぶり、元気だった?」と皆、口々に声をかけてくれたのも嬉しかったです。

立派なメイン・ダイニングでおめかししていただくディナーも、皆さんの旅のハイライトになったことでしょう。

asfordcastle08132
テーブルの周りに並んだレストランのスタッフが、メイン・ディッシュの蓋を一斉に開けてくれるのが楽しい♪

asfordcastle08133
メイン・ディッシュにいただいたロースト・ラム。骨付き肉の他にユニークなホウレンソウ巻きも

asfordcastle08134
食後のコーヒー/紅茶と一緒に出てきたプティフール。あまりにも可愛らしくてパチリ

レストランなどのスタッフには外国人の若者も多く、ちょっとたどたどしいながらも一所懸命サービスしてくれるのが、逆に心なごみます。
隙なくスマートにサービスされ過ぎてしまうより、お客様もかえってくつろげるようです。

アッシュフォード・キャッスルは最近新しい資本が入り、この冬には大々的な改修工事が行われる予定とのこと。
スパが出来たりして、より洗練されたホテルに生まれ変わる…とのことですが、このちょっぴり田舎くさくて、スタッフ皆が心を込めて応対してくれる感じを、ぜひとも失わずにいて欲しいものです。

IMG_3079.jpg
私のお気に入りのお皿の部屋。なぜかいくつかのお皿がミッシング…(笑)

コメント

こんど行ったらここに泊まりたいv-238

Pearlさんへ

いつでもお待ちしています♪

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
秋のケルト市
10月9日(月/祝)浅草ライオンスタジオ

★トークショー「アイルランドの知られざるヒーロー/ヒロインたち」
満員御礼にて無事終了、ありがとうございました!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。2000年よりアイルランド在住。アイルランドでの生活、ガイド業を通してのさまざまな体験を皆さんと共有できたら嬉しく思います。最近の趣味はサーフィンとバラ栽培♪

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ