記事一覧

ヒースの群生地、サリー・ギャップ

sallygapheather08133
ピンク色のじゅうたんを敷き詰めたかのような夏の終わりのウィックロウの景色

グループのお客様をグレンダーロック(Glendalough, Co. Wicklow)へご案内した帰り道、ヒースの群生を見にサリー・ギャップ(Sally Gap, Co. Wicklow)へ。
ヒースの花もそろそろシーズンが終わりに近づきつつありますが、標高が少々高いウィックロウ山中は今が満開、まさに見頃です。

sallygapheather0813
アイルランド国内に6種類ほどあるヒースの花。時期・場所によって花ぶりが大きいもの・小さいもの、色の濃いもの・薄いもの…といろいろあります。手前の黄色は秋咲きのゴース(gorse=エニシダ)

sallygapheather08133
山の斜面が一面、ピンク色。この光景がえんえんと続き、本当にきれいでした

ちなみに「ヒース(Heath)」は単数形、「ヘザー(Heather)」がその複数形。一本の茎に花がいくつかつくので、英語圏では複数形の「ヘザー」で呼ぶのが一般的です。

今日は、先週より周遊ツアーをご案内していたグループさんのとの最後の日でもあり、ヒースの花が咲き乱れる美しい景色がより心にしみました。
お花がお好きなお客様が多かったので、最後にヒースの花の群生をお見せ出来て本当に良かったです。

sallygapheather08132
楽しくご一緒させていただいた添乗員のMさんと、お花の中で記念撮影♪ ありがとうございました!

コメント

Heather

ブレイの画像をアレコレ見ていたらナオコさんの頁発見!
この、大感激ヒースツァーをベルファストから案内して頂きました。
偏愛アイルランドを今からゆっくりナオコさんの頁で楽しませて頂きます!
京都から YOKO K.

Re: Heather

片山陽子さま
コメントありがとうございます。ヒースの群生美しいですよね。これからもよろしくお願いいたします♪

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
★スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培など。愛読書は『赤毛のアン』とW.B.イエーツ詩集♪

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ