記事一覧

西の果ての島でステンドグラス鑑賞(イニシュマーン)

アラン諸島の真ん中の島・イニシュマーン(Inis Meáin, Aran Islands, Co.Galway/イニシュマーン=「真ん中の島」の意)は、他の2島に挟まれて、本土からのアクセスが最も不便だった島。近年、港が建設されるまでは、手漕ぎボートでしか渡ることの出来なかった島です。

そのように隔絶された西の果てであるにもかかわらず、この島にはどこか洗練された、文化の香りとでもいうべき空気が…。そしてちょっぴり南の島のリゾート地を彷彿させるような異国情緒あふれる感じがするのは、この教会の佇まいのせいかも。

inishmaanchurch06131
青空に映える、聖母マリア&聖ヨハネ教会(Church of Our Lady and St. John)。小さな島にある南国風の佇まいの教会…ちょっぴり天草みたい

15世紀からの古い教会が老朽化したため、1939年に新築された島の教会。廃墟となった古い教会跡が今も向かいに残っています。
祭壇や石造は、古い教会からそのまま持ってきて取り付けました。

inishmaanchurch06132
教会入口のドアの上には中世に彫られたであろう素朴なキリスト像が

inishmaanchurch06134
教会内部。主祭壇は19世紀に活躍した石工/彫刻家ジェイムズ・ピアース(James Pearse)の作。イースター蜂起で処刑された国民的英雄のひとり、パトリック・ピアース(Patrick Henry Pearse, 1879-1916)のお父さんです。ダブリンで活躍していた彼の作品がこんな西の果てにあるとは驚き

さらにすごいのはこの教会のステンドグラス。これまたダブリン出身の、19世紀のアイルランドを代表するアーティストであるハリー・クラーク(Harry Clarke, 1889–1931) の工房で作られた素晴らしい作品がはめこまれているのです。

inishmaanchurch06133
祭壇の上のステンドグラス。真ん中の聖母子像が美しい!

ハリー・クラークはアールヌーボー、アールデコに影響を受けた挿絵画家/ステンドグラス作家で、アンデルセンやエドガー・アラン・ポーの挿絵で知られると同時に、アイルランド各地に素晴らしいステンドグラスの作品を残しています。
有名なのは、ダブリンのグラフトン通りにある紅茶専門店ビューリーズ・カフェ(Bewley's Cafe, Grafton St, Dublin2)内部のステンドグラス。その他、コーク大学内のチャペルや、バリナスロー(Ballinasloe, Co. Galway)の教会でも彼の作品を見たことがありますが、このイニシュマーンのものがいちばん好きかも。
クラークは、フランスのシャルトル大聖堂のステンドグラスの「青」に感銘を受け、自身の作品にも取り入れたそうですが、イニシュマーンのものも青やグリーンがとても美しいのです。

inishmaanchurch06135
きれいなエメラルドグリーン

inishmaanchurch06136
聖人の下に描かれている石造りの建物がこの教会の前身なのでしょうか。いかにもアラン諸島らしい石造りです

石だらけのこの島でまさかのステンドグラス鑑賞。
いつ来ても信者さんらしき人を全く見かけないので、この島の人は未だに精霊信仰で、祈りは大地や海で行い、ここはステンドグラスを祀るための建物なのかも…なんてことを思ってしまったりしたのでした(笑)。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
★スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培。愛読書は『赤毛のアン』、W.B.イエーツ詩集♪

カレンダー

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ