記事一覧

我が家のバラが花盛り♪

myroses06132
青空を背に咲き誇る深紅のつるバラ「ダーバヴィル家のテス(Tess of the d'Urbervilles)」

晴天続きのツアー中、心配だったのは我が家のバラの花たち。近くに住むお友達が水遣りをしてくださったおかげで、見事な花をたくさんつけて迎えてくれました。

1週間ほど前から咲き始めた「ダーバヴィル家のテス(Tess of the d'Urbervilles)」は、こぼれ落ちんばかりの花盛り。私が初めて苗から育てたイングリッシュ・ローズです。
(関連過去ブログ:「ダーバヴィル家のテス」が咲きました

myroses06133
見事な大輪咲き

myroses06134
2年目の今年はつるバラぶりを発揮。縦に横にと奔放に伸びる、こんなバラが軒先に欲しい…とずっと思っていたのでした。来年は壁に這わせることが出来そう

そして、今年あらためてその美しさを見直したバラがこちら、「シャーロット(Charlotte)」。
昨年の夏にガーデンセンターで勧められて買ったものの、実はそれほど気に入っておらず、茎もひょろひょろとしか成長しなくて、なんだか心もとなく思っていたのですが、思いがけず美しい花を咲かせてくれました。

myroses0613
美しいカップ咲き。完璧です

いちばん乗りで咲いてくれた「メアリーローズ(Mary Rose)」はそろそろラストスパート。本当によく咲いて、楽しませてくれました。

myroses06135
開きに開ききったメアリーローズ。イングリッシュ・ローズは、咲き始めと咲き終わりではまるで違う花かのように形が変化します。香りはやはり、このバラがいちばんです

赤、ピンク、黄色のこの3色のバラたち、私の小さなコテージの軒先でまるで踊ったり歌ったりしているかのよう。
今日は自宅で仕事していたのですが、何度も外へ出ては水をやったり、アブラムシをつぶしたり、ただただ眺めたり(笑)。時間が許すならば、一日中花の前にいたいくらいです♪

myroses06136
私の小さなコテージの軒先。手塩にかけて育てた花たちが風にそよぐ姿を見るのは、なんと嬉しく楽しいことでしょう♪

コメント

こんなにたくさんの種類のバラを育てていたなんてビックリです!
特に白と黄色のカップ咲き(?)は初めて見ました。
きれい!

みゆきちゃんへ

そうなの。増やしすぎないようにしているんだけど、それでも今やイングリッシュ・ローズが4種4鉢。ミニバラが2鉢。
今年新しく加わったセプタードアイルというのがあって、なんとピンクのカップ咲きなのです。花が咲いたらまたアップするので、見てね~。

はじめまして、なおこさん。
アイルランドに興味があって、いつか行ってみたいな~と思いながら、
ちょこちょこブログをのぞかせてもらっていました。

私も、数年前からバラに急に興味が湧き、
イングリッシュローズを中心に育てています。

それぞれに形や色や香りが違うから、色んなのが欲しくなっちゃいます^m^

うちは今、パレードとスノーグースが咲いてます♪
あと、ジュビレ デュ プリンス ドゥ モナコ(たしか・・)も(^-^)

なおみさんへ

コメントありがとうございます。
イングリッシュローズは日本では気候が暖かいので、どんどん大きくなると聞きました。バラははまりますね、色や香り、花の形、それぞれに魅力がありますから。
いつかアイルランドでお目にかかれますように。これからもよろしくお願いいたします!

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
★スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培など。愛読書は『赤毛のアン』とW.B.イエーツ詩集♪

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ