FC2ブログ

記事一覧

ついにリーフ・ブレイクでサーフィン!

lisssurf06134
サーフ・バディのグレアムと波をシェア。向かって左が私♪

週末のアイルランド北西部へのサーフ旅行中、リーフでのサーフィン(海底が岩盤の場所でのサーフィン)を初体験してきました。

海底が砂地のビーチとは違い危険も伴うため、リーフでサーフィンするには中級・上級以上のスキルが必要となります。
私たちがトライしたのは比較的、難易度の低いリーフ。さらにこの日は波も大き過ぎず、初体験にはもってこいのコンディション。ポルトガルやカナリア諸島でのホリデー中にはリーフでのサーフィンも体験しましたが、アイルランドでは初めて。
これまで何度も見に行き、いつかここでサーフィン出来るようになりたい!…と思い続けていたリーフ・ブレイクに、ついに挑戦する日がやってきたのでした。

lisssurf0613
スライゴ(Co. Sligo)のとあるリーフ・ブレイクにて。注意深く岩を歩くリサ、グレアム、私、ディヴィッド。先頭のリサ以外の3人はリーフ初体験…!

lisssurf06135
岩に足を取られないよう注意しながら入水、パドル開始。ちょっぴり緊張気味、一列になってブレイクを目指します(笑)

左へ割れるブレイク。必ず左に乗らないと岩場に直進してしまうので、頭の中で「レフト、レフト」と唱えながら波をキャッチ。
リサが一本目に乗り、2本目に私がトライ。思いがけず乗れてしまい、それからは自分でもびっくりするほど次から次へと乗れてしまいました。

lisssurf06132
会心の一本。うわ~い!!!

沖にいた仲間の一人が撮影してくれたのですが、この写真を後で見て、我ながらびっくり。サーフィンを本格的に始めるて3年目にして、やっとブログに公開出来るような姿となりました(笑)。

正確には初めてサーフィンをした日(大西洋でサーフィン・デビュー!)から4年、本格的に初めてから2年9か月が経ちます。バンドーラン(Bundoran, Co. Donegal)にひとりサーフィン修行に行き、サーフ・クラブに入り、それからはほぼ平均して週に一回は西海岸へ通ってサーフィンを続けてきました。
今回リーフで一緒にサーフィンしたリサは、サーフィン暦10年近い上級者。クラブに入って彼女と出会った頃は、まさかリサと同じ場所で、しかもリーフで波を分かち合う日が来るとは思いもしませんでした。

これから数週間は仕事が忙しくなり、サーフィンはしばしおあずけとなりますが、最後の週末に思う存分に波に乗ることが出来たので、心置きなくガイディング生活に集中できそうです。

関連記事

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

旅のガイドのご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

オンラインセミナー開講!
2020年6月20日(土)~各45分・無料お試し回+全6回
ライブ配信終了・見逃し配信購入→こちら

秋のケルト市「ナオコガイドのどこでもドア」
2020年10月2~4日 東京・巣鴨にて
→無事終了・ありがとうございました!

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

ブログ内検索

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ