FC2ブログ

記事一覧

いちばん小さな哺乳動物は…?

アイルランドには、28種の野生の哺乳動物が生息しています。
主なものは、アカジカ、野ウサギ、キツネ、アナグマ、アカリス、カワウソ、オコジョなど。クマや狼、イノシシはかつてはいたものの、今は絶滅してしまっています。

両生類は3種(カエル、ナタージャックという名のヒキガエル、イモリ)で、爬虫類はトカゲのみ。蛇はいません。

渡り鳥を含む野生の鳥は380種で、主なものは白鳥、ガン、サギ、アヒル、カモメなどなど…。

このような「アイルランドのワイルド・ライフ」についての一般知識は、数年前に受講したナショナル・ガイド養成コースで習いました。
ガイディングとは「説明(lecture)」ではなく、車窓の風景から材料を拾い、人間がそこに与えた影響力(歴史)を「描写」してみせること
歴史だけなく、動物、植物、岩石、地形など自然環境についての下知識をたっぷりと仕込まれました。

以降、単なる「きれいな景色」でしかなかったものに命が宿って見え、土地への愛着が増し、どんな景色が現れてもすべてガイディングの材料に出来るようになりました~。

5ヶ月にわたるコース終了後、3種類の試験(実技・筆記・レポート)が行われたのですが、筆記試験には、授業で習ったワイルド・ライフに関することがたくさん出題されました。
そのうちのひとつは、「アイルランドでもっとも小さい野性の哺乳動物は何?」という問題!
かなりマニアックなこの問題の答えは、「ピグミー・シュルー(Pygmy Shrew)」。体長7センチ、体重0.5グラムのトガリネズミの類です。
アイルランドのナショナル・ガイドになるには、こんなオタクなネタも知らなければならないのでした~!

pshrew
友人が庭で発見したピグミー・シュルーの亡骸。1ユーロコインと比べてもこんなに小さい~(石英の岩の上で撮影)


関連記事

スポンサーリンク

コメント

あなたのブログには興味深い「ガイディング」がいつも書いてあると思っていましたが
これなんですね! あなたのちょっとした説明にも奥が深くてそこには命がこめられている、というか人生を語っている気がしていた、、そのためには相当な勉強をしていて底が深いからなんですね。

アンナムさんへ

ピグミー・シュルーが試験に出たとき、「こんな小さなもの、車窓から見えるわけもなく、知ってたって役に立たないよ~」という人もあったのですが、そういうことじゃなかったんだな~とあとからわかりました。
10知っても、表に出るのは6くらいですから、6しかしらないと何にも出てこないんですよね~。

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

旅のガイドのご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

オンラインセミナー開講!
2020年6月20日(土)~各45分・無料お試し回+全6回
ライブ配信終了・見逃し配信購入→こちら

秋のケルト市「ナオコガイドのどこでもドア」
2020年10月2~4日 東京・巣鴨にて
→無事終了・ありがとうございました!

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2021年度に延期となりました

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram  

ブログ内検索

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ