記事一覧

ウサギになりたい~!

知り合いのお宅の窓から、黒い小動物が庭を横切るのを発見~!
いったい何かと思えば、12歳のハーフのお嬢さんAちゃんが
「私のペットのウサギのフロッフィーなの~」
と紹介してくれました~。

arabbite

Aちゃん宅の塀で囲われた広い裏庭では、ウサギもモルモットも自由に走り回っています。
子ウサギのように見えるフロッフィー君ですが、実はもう7歳。ウサギ年齢の7歳は人間年齢の49歳に相当し、ウサギとしては高齢なのだそう。
Aちゃんによくなついていて、とっても可愛い~。

子供の頃から大のウサギ好きの私、家を空ける仕事のためホンモノは飼えませんが、「ピーター」とか「ミッフィー」とか実はエサのいらないウサギたちをたくさん飼っています~。(いい年をして恥ずかしいのですが、好きなのだからしょうがない)

幼稚園の頃、将来何になりたいですか?という先生の質問に、「ウサギになりたい~」と答えた子がいて、「ピアニストになりたい」なんて言ってしまった私は、なんだか悔しい思いをしたりしたものでした(笑)。
時が経ち、アイルランドにやって来て、この国には「ラビットさん」という名字の人がいることを発見!(綴りは「Rabbitt、Rabbitte」)
もし私が「ラビット」姓のアイルランド人と結婚したら…なんと「ナオコ・ラビット=ナオコ・ウサギ」になれるではありませんか~!

西海岸のゴールウェイ、クレアなどに多いこの名字は、ウサギを指すアイルランド語「Coinin」の英語訳
「Coinin」に由来する地名も多く、もっともよく知られているのはスライゴのStrandhill沖にある「コニー・アイランド(Coney Island)」でしょうか。コニー・アイランドと聞けば、ニューヨークの有名な島を思い出す方も多いはず。実はアイルランドが本家本元で、スライゴ出身の船長ピーター・オコーナーさんにより、故郷の地名をとって命名されたものです。

将来「ナオコ・ウサギ」になって、「ウサギ島」に住んでいる自分を思い浮かべたりすると…バカバカしいとは知りながらも、子供の頃の空想が現実になるかのようで、ウキウキしてくるのでした~。


コメント

珍しい名字

こんにちは、Bです。

兎(うさぎ)という名字の人はいるのかな?と思い、次のサイトで調べてみました。
全国の苗字(名字)
http://www2s.biglobe.ne.jp/~suzakihp/index40.html

兎さんはいないですね。。。兎田さんはいます!「うさぎだなおこ」、ありえます!!

Bさんへ

日本でも、ウサギになれる!
確立はすごく少ないみたいですね~。その中に、独身適齢期の男性がいるかしら?

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

おかげさまで重版決定
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。
Instagram

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ