fc2ブログ

フェニックス・パークの鹿の群れ

phenixparkdeer03134
木立をバックに鹿の角がシルエットに…

雑誌取材のご案内もいよいよ最終日。
朝いちばんにフェニックス・パーク(Phenix Park, Dublin8)へ撮影に出かけたところ、鹿の群れに遭遇。

phenixparkdeer03133
日が差してくると森の中に入ってしまうのですが、曇り空だったせいか道路からすぐ近くで群れていました

フェニックス・パークはダブリン市街地の西端に位置する広大な市営公園。ロンドン市内のハイド・パークの5倍、東京の日比谷公園の45倍(!!!)という途方もない広さは、市街地にある公園としてはヨーロッパ一。
かつてオーモンド伯爵という貴族の鹿の狩場であったことから、今でも約500頭の鹿が園内に生息しています。

phenixparkdeer0313
鹿はオスはオス同士、メスはメス同士で群れるようで、私たちが見たのはオスの群れでした

雑誌のテーマとは直接関係のない被写体でしたが、カメラマンさんも編集者さんも、そして私も(!)、夢中で撮影してしまいました(笑)。

約1週間の取材も無事に終了。雑誌の発行は4月頃の予定です。詳細はまた後日お知らせいたしますね。


関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

福岡市にて講演!
2022年4月24日(日)14:00~

★『赤毛のアン』に見るケルト
→終了、ありがとうございました!

東京「春のケルト市」にて講演!
2022年5月3日(火祝)11:00~

★牛とジャガイモと移民の歴史
→終了、ありがとうございました!

オンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら
新規講座! →詳細決まり次第お知らせいたします!

カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ