記事一覧

不気味な像の正体

ダブリン空港へ行くたびに、いつも気になっていた不気味な銅像。

robed demon


何だろうと気になりながらも、確かめたことがなかったので、今日はじめて、近づいてよく見てみました。すると、こんな説明書きが…

"Robed Demon" Vincent Browne作
1945年8月6・8日、広島・長崎の核爆弾で滅びた人々に捧げる


ガラクタを張り合わせたような不気味な姿で、原爆という名の悪魔(Demon)を象徴しているのでしょうか。

アイルランドは、世界の核撲滅のリーダー的な役割を果たしている国だという記事を読んだことがあります。
広島・長崎の原爆投下の日には、テレビや新聞などでその話題が大きく取り上げられますし、慰霊のモニュメントも他の場所でも目にしたことがあります。(ダブリン、メリオン・スクエア内の桜の木/コーク、サウス・モール西端の緑地にあるプレートなど)

気になって確かめてみたものが、思いがけず日本に関連のあるものだったので、ちょっと不思議な気がしました。


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
★スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培など。愛読書は『赤毛のアン』とW.B.イエーツ詩集♪

カレンダー

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ