記事一覧

筋トレ、ヨガ、サーフィン!

surfcircuitwinter12
その名もダブリン・フィット・クラブのサーファー部隊。このかかとを付けて膝を曲げる、日本人の私たちには楽ちんなポーズ(和式トイレのポーズ!)が、アイルランド人にはなかなか出来ないんですね~

先月より週に一度、サーファーのためのサーキット・トレーニングに参加しています。
夏の繁忙期には行けずにいたサーファー仕様のヨガ・クラスにも再び通い始め、冬のサーフ・シーズンに向けて筋力&コアマッスルの維持・増強に努める日々(笑)。

サーフ・ホリデーから戻り、昨日久しぶりにトレーニングに参加しました。間があいたのでついて行けるかな…と心配だったのですが、トレーニングが思いのほか楽に感じられてびっくり。
そして今晩のヨガ・クラス。壁歩きやつま先立ち(…きっとちゃんとしたポーズの名前があるのでしょうが)のような初めてのポーズが次々加わったにもかかわらず、これまた難なく出来てしまってびっくり。
どうやら2週間、ほぼ毎日、それも日によっては2度3度とサーフィンしていたせいで、フィットネス・レベルがかなり高まったようなのです。

私は他のサーファー仲間に比べ体の柔軟性は高いのですが、とにかくバランスが悪い。ヨガのクラスでもインストラクターにフレキシビリティーは褒められるものの、バランスを伴うポーズになると、いつも一人でぐらぐら。
ところが2週間連続のサーフィンのおかげか、バランスもいつの間にか鍛えられていたようで、以前は壁につかまらないと出来なかった片足で立つポーズがなんと出来るようになっていました!

ポルトガルでの2週間、希望していたより短いショートボードを使うようインストラクターに勧めら、始めは慣れなくて四苦八苦したものの、次第に自分の体に馴染んでいき、ボード扱いが徐々に楽になっていきました。さすが私のサーフィンをよく知ったインストラクター、上達のためにはナオコにはこのボードを与えるべし、と見抜いていたんですね。
長いボードだとパドリングの際に身体全体をボードにてっかり乗せがちですが、ボードが短いとそれが出来ない。四苦八苦しているうちにだんだんとボードから手足が離れていき、お腹の筋肉だけでバランスを取ろうとしている自分に気が付きました。この時にコアマッスルが鍛えれていったのかもしれません。

ポルトガルでのサーフィンは波も普段乗っているものより大きく、スパルタなインストラクターについていくのが時に苦しかったことも。しかしその苦しいのをちょっと我慢して頑張って、少しずつ自分の限界を引き上げていくと、身体も技術もちゃんとついてきてくれて、その次が楽になります。
この達成感、身体は鍛えれば鍛えるほどついてくる…といった確信が快感になって、やめられなくなっているのかもしれません。

本来はサーフィンのためにトレーニングやヨガをやっているのですが、サーフィンで鍛えられてトレーニングやヨガが楽になるとは…。なんだか苦笑。

いずれにしても、ガイド業がシーズン・オフの間に身体を鍛えておくと、夏の繁忙期を乗り切るのも楽になります。
これをひとりぼっちでやろうとすると退屈かつ続けるのが大変なのですが、サーフィン仲間と一緒にわいわい言いながらやるのがこれまた楽しい。
この冬は筋トレ、ヨガ、サーフィンの3本柱で、楽しみながら体力の維持・増進に努めたいと思います♪

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
秋のケルト市
10月9日(月/祝)浅草ライオンスタジオ

★トークショー「アイルランドの知られざるヒーロー/ヒロインたち」
イベント詳細&お申込みはこちらこちら

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。2000年よりアイルランド在住。アイルランドでの生活、ガイド業を通してのさまざまな体験を皆さんと共有できたら嬉しく思います。最近の趣味はサーフィンとバラ栽培♪

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ