fc2ブログ

アーサーに乾杯!

arthursday122
Facebookで行われたチャリティーイベント。クリックすると5ユーロが寄付され、ギネス・ストアハウス内のこのボードにライブで黒いドットがひとつづつ点滅、アーサーの顔が出来上がる・・・という仕掛け。アーサーズ・デー前日の昨日にすでに完成してしまったそうです

日本のビール会社の研修旅行のご案内で、今日は終日、ギネス・ストアハウス(Guinness Storehouse, Dublin)にて過ごしました。

arthursday12
VIPルームにてパーフェクト・パイント講習会。さすがビール会社の皆さん、ギネスをつぐのも慣れたものです

今日はギネスにとっては特別な日、「アーサーズ・デー(Arthur's Day)」でした。
2009年に250周年を迎えたディアジオ社(2006年よりギネス社は名称をディアジオ社と改名)は、創業者アーサー・ギネスの誕生日に当たる9月24日にお祝いイベントを行いました。創業年である1759年にちなみ、17時59分に全世界でギネス・ビールで乾杯しよう!というイベントです。
それが好評だったため、251周年も同じように祝いましょう、ということになり、以降毎年9月24日を「アーサーズ・デー(Arthur's Day)」と呼び、その日の17時59分に「アーサーに乾杯!」とアイルランド中でパイント・グラスを掲げるのが習慣となりました。

今年のアーサーズ・デーは本日9月27日。週末の方がお酒が飲みやすいとの配慮からか、24日ではなく木曜日である今日に設定されたようです。(アイルランドでは木曜日の夜からすでに週末感なので)

ストアハウス内では音楽演奏を中心とするさまざまなイベントが行われていましたが、スコットランドの伝統楽器であるバグパイプがキルトを着た人たちによって演奏されていたのにはがっかり。
どうしてアイルランドの伝統音楽を、伝統楽器で行わないのでしょう?

ダブリンの街はパブから人があふれるほどの人出。帰宅のタクシーが渋滞するほどでした。
お客様も皆さん、街のにぎわいを楽しまれたようです。
さすがディアジオ社、イベント好きでノリのいいアイルランド人の心をしっかりつかんでいるのには本当に驚きです。



関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイドの山下直子です。2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、アイススケート、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。長野県上田市出身。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
☘8/29最新版刊行☘好評発売中!
ikarosbook0517 . ikarosnewbook0823
初版はこちら

新規オンライン講座/講演会
→詳細は追ってお知らせ致します!

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ