記事一覧

フランスの旅…モネの庭とバラの村へ

bfrance20129
木組みの家並みの美しいルーアンの街にて。ジャンヌ・ダルクと一緒に集合写真(笑)

先週より1週間ほど、フランスへお客様をご案内していました。
懇意にさせていただいているお客様との2年に一度の特別な旅行。これまでにアイルランドを2度、英国を2度、前回はクロアチアへ足を伸ばし、今回はフランスへ。
「モネの庭へ行きたい!」というお客様の長年のご希望で、モネゆかりの地や周辺の美しい町や村をめぐる旅が実現しました。

bfrance201216
睡蓮の連作で知られるジヴェルニーのモネの庭

bfrance20122
睡蓮の時期が心配でしたが、たくさん咲き乱れていました

bfrance20123
とにかく花、花、花。花の写真を何十枚撮ったことか(笑)。印象的だったガクアジサイ

bfrance20125
白&赤のコンビの可憐なホクシャ

bfrance20124
アイルランドではあまり見ることのない夏らしい花が新鮮でした

bfrance20126
モネの家の前にてひと休み。日傘をさすととたんに印象派っぽいですね

bfrance20128
ジヴェルニーの村の路傍に咲く花。これだけでキャンバスに描かれたひとつの絵のよう

ジヴェルニー近くのセーヌ川を見晴らす素敵なホテルに数日滞在し、そこからセーヌ上流のモネゆかりの地、ルーアン、オンフルールへも足を伸ばしました。

bfrance201210
印象派の画家たちに好まれた港町オンフルール。たくさんの行楽客でにぎわっていました

bfrance201217
ホテルのレストランのバルコニーよりセーヌ川を見晴らす。暑い日で、ファンシーなガスパッチョ・スープがおいしかった~

CIMG8505.jpg
ノルマンディーといったらそば粉のクレープ、ガレット。これは最もポピュラーなハム、チーズ、卵入りのガレット・コンプリート

ジヴェルニーを満喫したあとは、「フランスでいちばん美しい村」に選ばれたジェルブロアへ。
ここは私も初めて訪れる村だったのですが、その美しさに感激。中世のまま時をとめてしまったかのような村の、いたるところにバラの花が咲き乱れているのです。

bfrance201211
「バラの村」としても知られるジェルブロア。村のいたるところにバラの花が咲き乱れ、その美しさは例えようがないくらい。この村については後日あらためて紹介したいと思っています

bfrance201212
古い木組みの家並みがおとぎ話のひとコマのよう

小さな村の家族経営のすてきなお屋敷に宿泊したり、マリー・アントワネットの気分でヴェルサイユのプチ・トリアノンを訪れたり・・・と、皆さんの夢が実現した1週間でした。

アイルランドの気候にすっかり慣れてしまっている私にとっては、フランスは真夏で(日本からいらした皆さんにはちょうど過ごしやすいくらい)、空も空気も花々もまさに「盛夏」そのもの。
太陽をいっぱいに浴びて、素敵な皆さんとご一緒させていただき、心身ともリフレッシュしてアイルランドに戻ってきました。

bfrance201215
最後パリではモネの絵のある美術館めぐり。マルモッタン美術館にて皆さんハッピー♪ ありがとうございました!

コメント

待ってました~!
いいな、楽しそう。早く話しが聞きたいわ。
もっと写真も見たい。機会があったらいつか見せてね。

Pearlさんへ

次回帰国の際に、報告会させてください♪

私も待ってましたぁ! 写真でも沢山お話してくれているので旅行の様子がさらにわかり、思わず微笑みながら思い浮かべています。
報告会はぜひ我が家でしてね。

アンナムさんへ

ぜひぜひ。ご招待いただかないうちから計画しています(笑)、ありがとうございます。
多分、11月。楽しみにしています♪

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
★スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培など。愛読書は『赤毛のアン』とW.B.イエーツ詩集♪

カレンダー

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ