記事一覧

丘の上のリングフォート(グリアノン・オイロック)

GriananofAileach4
高さ250メートルの丘の上にあるリング・フォート(Ring fort=円形の砦)。砦内側のテラス&石段がきれいに保存されています

個人のお客様をご案内していて楽しいのは、その日のお天気やお客様のご興味に合わせて、予定外の場所へちょっと立ち寄ったり出来ること。
昨日は旅程に余裕があったので、デリーからドネゴールへの移動中、丘の上のリング・フォート、グリアノン・オイロック(Grianan of Aileach, Co. Donegal)へ立ち寄りました。

GriananofAileach
ふもとから車で細い道を上って行くと、直径約23メートル、高さ1.8メートルの砦が丘の上にバ~ンと現れます

砦へ至る道は細く、乗用車がやっとすれ違えるほど。大型バスで上るのは難しいので、訪れる観光客の数も限られています。
新石器時代の古墳があったとされる場所に、紀元前1世紀頃にケルト人が砦が建造。太陽信仰にまつわる儀式の場であったようで、グリアノン・オイロック(Grianan of Aileach)とは「太陽の石の家(Stone House of the Sun)」という意味だという説も。

GriananofAileach3
砦の上からはさえぎる物なく、360度ぐるりと見晴らすことが出来ます。写真に見えるのはアイルランド最北の岬のあるイニシュオーエン半島(Inishowen peninsula)とスウィーリー湾(Lough Swilly)、フォイル湾(Lough Foyle)

GriananofAileach2
ケルト神話ではダナン一族の王デグダ(Deghda)が、息子の墓を守るために建てたとされ、中央には王の息子Aeahの墓があるとされています

キリスト教が伝えられ、ケルトの儀式が徐々に行われなくなると、砦はアルスター王国の王座にとって代わります。6~7世紀以降はアルスターの王として君臨したオニール一族がこの地を治めましたが、12世紀に南部のマンスター王国のオブライン一族により破壊されました。

19世紀に考古学的な調査・修復が行われているものの、かなりの部分がオリジナルのままだそうです。
リング・フォートの壁の中にはスータレン(Souterran)という緊急用の避難路がしばしば作られているのですが、グリアノン・オイロックも例外ではなく、避難路への入り口がよく残されています。

GriananofAileach6
入ってみたお客様。壁の厚みは場所によって3.5~4.6メートル。この入口から左右へ、壁の中を伝って通路がのびていて、もともとは外へ抜けて出られるようになっていました

GriananofAileach5
テラスに座ってハイ・ポーズ。可愛い子供たち♪

7月も下旬になると丘いっぱにヒースの花が咲き乱れ、それはそれはきれい。お気に入りのリング・フォートのひとつです。

※行き方:デリー(Derry)~レタケニー(Letterkenny)を結ぶ国道13号線沿い。デリーから来る場合、国境を過ぎて数キロ走ると、左側に円形の教会(リング・フォートのフォリー!)が見えてきます。教会手前を左へ曲がり、三ポストに沿って丘の上へ。道が細いので注意。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
秋のケルト市
10月9日(月/祝)浅草ライオンスタジオ

★トークショー「アイルランドの知られざるヒーロー/ヒロインたち」
イベント詳細&お申込みはこちらこちら

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。2000年よりアイルランド在住。アイルランドでの生活、ガイド業を通してのさまざまな体験を皆さんと共有できたら嬉しく思います。最近の趣味はサーフィンとバラ栽培♪

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ