記事一覧

クリフウォーキング~植物編(ホウス4)

seacamgorse

ホウス半島には545種の野生植物が生息しており、その数はアイルランド全土の約半数に当たるそうです!
クリフウォーキングの途中で見かけたものを、いくつかご紹介しますね。

バレンでもよく見かける、シー・カンピオン(Sea Campion)。日本にもあるのかしら?ご存知の方いらしたら教えてください。
seacampion

ハマカンザシ(学名アルメリア)。英語名は「海のピンク(Sea Pink)」
seapink

ワラビがいっぱい!(当然摘んできて、家でおひたしに~)
warabi

スミレの谷~。
sumire

岩にびっしりと生えた小さな植物。はじめは緑で、だんだん赤くなるようです。Sinead曰く「砂漠のオアシスに生える植物みたい」。名前は只今、調査中。
akagoke

野生のサクラソウ(Primrose)、見~つけた。写真だと花びらが白っぽいですが、ホンモノは淡い黄色です。これを見つけるといつも、宝物を見つけたような嬉しい気持ち~。
primrose

鮮やかな緑の葉は、夏にオレンジの花をつけるモンブリッシャ。南西部ケリーをオレンジに染め上げます。
monbrishaleaves

ふもとで見た花盛りのブラックソーン(Blackthorn)。別名スロー(Sloe)とも言い、実はスロー・ジン(お酒)に。
sloe


まだまだ興味深い植物がたくさんあって、牧野植物図鑑アイルランド判があったらな~と思わずにはいられませんでした。

野生の花って、可憐で本当に可愛いですよね。
ヒース(Heather)がびっしり生えていたので、夏にピンクの花をつけたらまた歩きに来たいと思います~。

コメント

わーん、こんな素敵なところを歩けるなんて羨ましい。naokoguideさんのブログ読むだけでも楽しさがものすごーく伝わってきます。

Pearlさんへ

どこかに行くために歩くのはあまり好きではなくて、すぐにタクシーを使ってしまう私。ところが、歩くために歩くのは、楽しんですよね~。

こんなところ歩けたらいいなあ! 思わず喜代美さんの植物の解説を聞きながら、pearl さんが撮影しているところを想像してしまいました。 

アンナムさんへ

夏の旅行の時に、ウォーキングを入れましょう!楽しみ!!

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

おかげさまで重版決定
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。
Instagram

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ