記事一覧

ブロンテ父の故郷を訪ねる

先日、ベルファーストからの帰り道に、ずっと行ってみたいと思っていた「ブロンテ・ホームランド」へ寄り道して来ました。

19世紀英国文学史に大きな功績を残したブロンテ姉妹。シャーロットの『ジェーン・エア』やエミリーの『嵐が丘』は、今も名作文学として世界中で読み継がれています。
ブロンテ姉妹のゆかりの地と言えば、イギリス・ヨークシャー州のヘイワースを中心とする地域ですが、ここアイルランドにある「ブロンテ・ホームランド」は、姉妹の父パトリック・ブロンテのゆかりの地、北アイルランドのカウンティー・ダウンです。

ベルファーストからダブリン方面へ向かう1号線沿い、バンブリッジという町の近くに、"Bronte Homeland"というとてもわかりやすい看板が出ているので、そこから田舎道へ入ります。
目指すは、パトリックが司祭として初めて勤めた、丘の上のドラムバリローニー教会

bronte church


教会のとなりには、ワンルーム・スクールだった小さな建物があり、パトリックはそこで教鞭をとっていました。現在、そこがブロンテ・ホームランドのビジター・センターとなっているのですが、オープンは3月~9月のみ。残念ながら、この日は外からのぞくだけとなりました。

教会裏手から見晴らす景色は素晴らしく、カウンティー・ダウンの緑豊かな丘陵地帯や、北アイルランド最高峰スリーブ・ドナード(850メートル)を含むモーン山脈が一望出来ました。

bronte landscape


さらに「ブロンテ・ホームランド・ドライブ」を進み、パトリックの生家跡へ。

bronte birthplace


すっかり廃墟となった小さなコテージ、どうやら、2部屋しかない様子。ここで、かの偉大なブロンテ姉妹の父親が誕生したのかと思うと、何やら感慨深いものがありました。
1777年3月17日に、10人兄弟姉妹の長男として生まれたパトリック・ブロンテ。(セント・パトリックス・デー生まれなので、この名が付いたんですね)生家跡の立て看板の説明によると、兄弟姉妹は、村で評判の腕白小僧たちだったようです。

ブロンテという姓は、パトリックがイギリスに渡ってから名乗るようになったもので、もとの名はプランティ(Plunty)と言い、パトリックの父ヒューは、もともとダブリン近くのカウンティー・ミース、世界遺産として知られるニューグレンジのある辺りの出身です。
ヒュー・プランティは地元で評判のストーリー・テラーで、姉妹の文学的才能は、このアイルランド人の祖父から受け継がれたとも言われています。また、父親が語って聞かせたアイルランドのさまざまな話が、文学に目覚めていく過程で影響を与えたこともあったようです。

偉大な文学者のバックグランドにあった、アイリッシュ・コネクション。そんなことを思いながらブロンテ作品を再読してみたら、また何か新しい発見があるかもしれませんね。

Bronte Homeland Interpretive Centre
http://www.irishsecrets.ie/history-secrets/bronte-homeland-interpretive-centre.php




コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
★スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培など。愛読書は『赤毛のアン』とW.B.イエーツ詩集♪

カレンダー

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ