記事一覧

北アイルランドはアイルランドか、イギリスか?

2月に放送された、私が撮影コーディネートさせていただいた「知っとこ!」(TBS系列)の「世界の朝ごはん」のベルファースト編
制作会社さんからDVDのコピーが届き、3ヶ月遅れで楽しませていただきました。

タイタニック号交通博物館にあるデロリアンテキスタイル・デザイナーのジュード・カッシディーさん、イケメン君&船上カフェにネコの城・ベルファーストキャッスルなどなど。そして…とっても可愛い新婚さん!若くて初々しい新婚さんの登場に、スタジオも盛り上がっていましたね。
放送終了後、出演者の皆さんにも視聴者の皆さんにも大変評判が良かったと聞いていたとおり、ベルファーストの街&人を素敵に撮影・編集してくださり、スタッフの皆さんに心から感謝申し上げます。

ただ、ひとつだけ、内容が良かっただけに残念だったことがあります。
番組を見て気付かれた方もおられたかと思いますが、国名の紹介・表記が放送を通してずっと「イギリス(ユニオンジャックの国旗付き)」となっていました。
これは完全な誤りとも言い難いのですが、やはり正しい認識ではありません。

では、ベルファーストはどこの国に属しているのか? イギリスなの? アイルランドなの? …ということになりますが、「ベルファーストは北アイルランドの首都(自治議会を持っています)」ですから、やはり「北アイルランド」と表記するのが正しいのではないかと思います。

イギリスの正式国名は「グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国(United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)」(日本での通称:イギリス)。
Wikipediaなどの説明を見ると、ベルファーストを首都とする「北アイルランド」は、連合王国を構成する「国」の一つと説明されています。
また観光に関しては、北アイルランドはアイルランド政府観光庁の傘下に入っており、イギリスの管轄ではなく、アイルランド島内の管轄となっています。

ご存知のように北アイルランドは、アイルランド系住民とイギリス系住民で構成されており(正確にはスコットランド系住民も!)、それぞれが異なるアイデンティティーを持っています。
杓子定規にどこの国?とは言い難く、長い歴史的背景を理解する必要があるのですが、私がお客様にご案内する時は、「北アイルランドは行政・政治的には英国連合の一部ですが、文化・地理的にはアイルランドで、自治議会を持つ自治領です」といった表現をしています。
これが感覚としてピンとくるのはやはり難しく、メディアでの表現がどうしても「イギリス」になってしまうのもわからないでもないですが、やっぱり「アイルランド」でも「イギリス」で100%正解ではないので、「北アイルランド」なんですね。

いずれにしても、今年2012年はタイタニック号の100周年ということもあり、ベルファーストがメディアで紹介されることが多くなっています。
ベルファーストはどこにあるの? どこの国なの? という疑問がわいたら、「英国連合の一部で、アイルランド島の北東部にある‘北アイルランド’の首都」というのが誤解のない表現かな、と思います。
ご参考までに。

コメント

難しい~!

ものすごく複雑な問題になってしまいますよね、確かに(苦笑)。私自身は、もうこういう場合は割り切って英国扱いにしています。というのも北アイルランドに限らず自治議会を持つ地域はスコットランドやウェールズもそうですし、独自のアイデンティティも持っています。英国・アイルランド以外に目を向けても、NIと同じケースを持つ国々は少なくありません。そうなると限られた時間、字数制限が大きいメディアの中で、視聴者の方たち、読者の方たちにすんなり早く理解していただけるのは、やはり公式に属している国名を出すのが結局一番シンプル、ということだからなのかもしれません……。アイルランド・北アイルランドの奥深い背景を紹介していくのは、きっとこれからも続く我々の課題の一つですね!

Re: 難しい~!

Uisceさん、コメントありがとうございます。
確かにUisceさんのおっしゃる通り「イギリス」とするのがいちばん簡単なので、そういうことになったのだとは思いますが、北アイルランドに関しては「アイルランド島の一部」でもあるので、やはり番組を通してアイルランドの伝統文化でさえも「イギリスでは○○…」と紹介されてしまったのは、間違いだと思っています。
観光の面では英国の管轄ではありませんから、撮影への協力は北アイルランド観光庁がしているという事情もあり…。やはり「イギリス」とひとまとめに紹介するの感覚的に違いますから、ここが難しいところですね…

うん。この問題はねー。私も北アイルランドのことを英国って言われると違和感がものすごくあるんですよね。「ローリー・マキロイ(英)」みたいな表現ですね。しかたないってのもわかるんですけど。ウィキペディアもデリーの項目が「ロンドンデリー」になってて、あれも名前変更したくてしかたないんだけど、思いとどまっています。

たらさんへ

そうなんですよね、「ローリー・マキロイ(北ア)」ってすべき・・・と私の感覚では思うんですけどね。

「ロンドンデリー」は、両住民に配慮して、「デリー」も「ロンドンデリー」もどちらも正解・・・ってことに今はなっているようです。なので、両方の地名を記すのが正解なんでしょうけれど、それはそれでややこしいのでどうしてもそうなってしまうんでしょうかねー。

この感覚はなかなか伝えにくく、伝えようとすればするほど誤解を招きやすく、難しいですね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
秋のケルト市
10月9日(月/祝)浅草ライオンスタジオ

★トークショー「アイルランドの知られざるヒーロー/ヒロインたち」
満員御礼にて無事終了、ありがとうございました!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。2000年よりアイルランド在住。アイルランドでの生活、ガイド業を通してのさまざまな体験を皆さんと共有できたら嬉しく思います。最近の趣味はサーフィンとバラ栽培♪

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ