記事一覧

思い出のエニスクローンでサーフィン

junebhwsurf121
ビーチの脇に車をとめて、いざ海へ!

週末にかけて数日間、仲間とエニスクローン(Enniscrone, Co. Sligo)へサーフィンに行っていました。
波予報はあまり良くなかったのですが、奇跡が起こり(スーパームーンのパワーかも!…笑)、風がやみ、波は大きすぎず小さすぎず、思いがけず楽しいサーフ・セッションに大満足。
朝に2時間、夕方に2時間…と3日間、とにかくサーフィン三昧。すっかり日が長くなったアイルランドの西海岸で、夕日を眺めながら夜9時過ぎまでサーフィンしていました。

junebhwsurf124
真っ青な空をバックに。これから海に入るところ。サーフ仲間のスティーブン(Stephen)とカレン(Karin)と一緒に

junebhwsurf123
ある日のサーフィン後の夕方のビーチ。まるで水彩画のよう…

エニスクローンでのサーフィンには思い出があります。3年前ここのビーチで、ボードの上に立つことが出来なくて泣きました(笑)。
それは生涯で2度目のサーフィン体験で、今思えばそんなにすぐに立てなくとも当たり前…なのですが。周囲の初心者が次々にボードの上に立っているのを見て、きっと悔しかったのでしょう(笑)。
それから再びやる気になり、本格的にサーフィンを始めるまでに一年。そして毎週のように海へ行くようになってからは1年8か月が経ちますが、今や自由に沖に出て、波をキャッチ出来たり出来なかったりしながらも、調子が良ければボトムターンが出来るまでに上達しました。
この週末、夕暮れ時に仲間と波を待ちながら、あ~あの時と同じビーチにいるんだな~なんてことを思い、我ながら感慨深い気持ちでいっぱいになったのでした。

アイルランドでは今、サーフィン人口が増えています。私が所属するサーフ・クラブにも、以前に比べ新しいメンバーが次々に入会してきます。
そのほとんどがサーフィンを始めたばかりの初心者。この週末、サーフィンを始めて半年のオーラ(Orla)が、いつまでたっても立てるようにならない…と泣きました。サーフィンに限らず、スポーツや言語の上達には段階があり、それは私も含めて皆が通って来た道。
オーラに私も泣いた話をして、もう少しサイズの大きなボードを使ってみるようにアドバイスしたところ、その翌日、満面の笑顔でビーチから戻ってきました。結果はいう間でもありません。

こんなふうに、お互いの経験を話し合ったりしながら、仲間とサーフィン出来るのは本当に幸せなことです。
私も始めたばかりの頃は多くの人にヘルプしてもらいましたし、今も水の中で自分より上手なサーファーを見ては日々学んでいます。
週末のサーフ旅行は、サーフィンだけでなく、そんな仲間たちと交流するのも楽しみのひとつ。ホリデーハウスをレンタルして、一緒に食事を作り、パブへ出かけ、明け方までハウス・パーティーをして…。(それでも翌朝、ちゃんと海へは入ります!)
サーフィンもパーティーもすべてが楽しく、とても充実した週末でした。一緒過ごしてくれた仲間たち感謝♪

junebhwsurf126
サーフィンの後のお楽しみ、パーティー・タイム!

junebhwsurf122
朝起きると、男の子たちが朝食の準備をしてくれていました。あ~、感謝!


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
秋のケルト市
10月9日(月/祝)浅草ライオンスタジオ

★トークショー「アイルランドの知られざるヒーロー/ヒロインたち」
満員御礼にて無事終了、ありがとうございました!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。2000年よりアイルランド在住。アイルランドでの生活、ガイド業を通してのさまざまな体験を皆さんと共有できたら嬉しく思います。最近の趣味はサーフィンとバラ栽培♪

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ