FC2ブログ

記事一覧

いつかリーフブレークでサーフィンを…!

この週末は、女の子3人でサーフィンに行っていました。
1泊2日でイニスクローン(Enniscrone, Co. Sligo)という南スライゴのサーフスポットへ行ったのですが、多くのサーファーたちは波予報によりラヒンチ(Lahinch, Co. Clare)方面へ行ったようで、ビーチはどこも静かでした。

最近、週末を一緒に過ごすことの多い、エリザベス(Elizabeth)とロレイン(Lorraine)と私。
女の子3人で一台の車にボードを3本積み、交代で運転しながら波を探し、B&Bに泊まって、朝早くからサーフィンして…。それだけ聞くとなかなか勇ましい感じですが、その間、ガールズトークもひっきりなし(笑)。
サーフィンはもちろんのこと、お腹がよじれるほど笑いっ放しの楽しい週末でした。

イニスクローン周辺は、オークリス(Aughris, Co. Sligo)、イースキー(Easky. Co. Sligo)など有名なサーフスポットが車で10分程の間隔で連なるエリア。
その中には地元の人のみが知る隠れスポットもたくさんあるはず…と、海沿いに車を走らせているうちに、なんと私たちも「シークレットスポット」を発見してしまいました!

surfenniscrone0212
波止場の向こうに波が見える…!

surfenniscrone02122
サーファーはたった一人だけ。いい波のセットが次々にきていました

切れのいい波を見つめながら、3人でしばしうっとり。あ~、あんな波に乗ってみたい。
しかし、あそこまでパドルして行ったらどのくらいかかるのか、私たちの体力で行けるものなのか、海底は一体どうなっているのか?…やはり私たちだけでは不安が募ります。
こういうスポットはリーフブレークと言って、海底が砂地ではなく岩。波から落ちて頭でもぶつけようものなら大惨事になりかねません。それなりの体力、技術がないとうかつに入ることは出来ないのです。

この週末、上級の男の子サーファーたちは北西部のリーフブレークへサーフィンに行ったのですが、私たちは誘われませんでした。
「どうして女の子はリーフに誘ってくれないの!?」と半ば冗談で憤慨していた私たち。この波を見て、ますます競争心がわいてきた!
「夏の終わりまでにはリーフでサーフィン出来るようになろう!」と意気込む私とロレインのかたわらで、何事にも慎重派のエリザベスが「ヘルメットを調達して、レスキュー隊として男の子たちを集めなくちゃ…」とつぶやいているのが可笑しかったですが(笑)。

いつかリーフでサーフィンを!…と思うだけで、わくわく。
その日に備えて、体力もサーフィンの技術も鍛えておかなければ…!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

おかげさまで重版決定
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。
Instagram

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ