記事一覧

タイタニック号造船の地ベルファースト

有名な悲劇の豪華客船タイタニック号の造船地として知られるベルファースト(Belfast, Northern Ireland)。
今年は1912年の沈没から100年目に当たる節目の年となり、ベルファーストではタイタニック号に焦点を当てた観光誘致を行っています。

そのひとつとして、この春にはタイタニック号に関する博物館、タイタニック・ベルファースト(Titanic Belfast)が新しくオープンします。

titanicmuseum
ラガン川を挟んで見えるモダンな建物は、3月31日オープン予定。ハーランド&ウォルフ社(タイタニック号を造船した船会社)の繁栄期の名残りをとどめる黄色クレーンが右後ろに見えています

6階建ての巨大なこの建物、4つの尖りが船の船体を表しているそう。タイタニック号が造船された、まさにその場所に建てられており、オリジナルのドライ・ドック&ポンプハウス(Titanic's Dock & Pump-House)のすぐそばにあります。

数か月前、博物館オープンに当たり関係者に向けての見学説明会がありました。内部の様子をスライドで見せてもらったのですが、かなりモダンで見応えがありそう。
これまでタイタニック号の航海や沈没のストーリーばかりがクローズアップされてきましたが、造船地ベルファーストとの関わりは見過ごされてきたように思います。当時動くものの中で世界最大…と言われた巨大客船の造船に関することや、造船の街として栄えてきたベルファーストについて興味深い展示が期待できそうです。

こちらの博物館オープンに先駆けて、アルスター民俗交通博物館(Ulster Folk & Transport Museum, Holywood, Co Down)では昨年よりタイタニカ(Titanica)という特別展が行われています。

titanica2
展示は交通博物館内部。写真や資料に加えて、海の中から引き揚げられた船体の一部なども展示されています

titanica1
タイタニックに関する映画のポスターの数々。お馴染みのディカプリオのものは右上

タイタニック号に関してはさまざまなエピソードが語り継がれていますが、ちなみにタイタニック号の一等客船のチケットの値段は4350USドル(870英ポンド)で、現在の金額では約7万USドル、なんと540万円相当!
その豪華ぶりは100年前には度肝を抜くようなことばかりで、スチーム・バスや温水プールが供えられた世界初の船であったことはよく知られていますが、全客室で水とお湯が出るのも初めて、電動エスカレーターがあるのも初めてだったそうです。

ベルファーストの街の中にもタイタニック号を象徴するものが随所にあります。
ベルファースト名物の壁画(Murals)の中にも、タイタニック号を描いたものが。

titanicmural1
造船所の2つのクレーンを背後に真ん中に描かれているのが、タイタニック号のスミス船長。かつて造船所で働く人々が多く住んでいた場所に描かれています(Dee StreetとNewtownards Roadの角)

titanicmural2
こちらは壁画としてはあまり上手くありませんが、わかり易いかも。今回のベルファーストでのTVロケでも、タイタニック号関連の地を何か所か撮影して回りました

先日イタリアの客船が座礁し、現在も救助活動が続けられていますね。タイタニック号の悲劇から100年目に…という見出しのメディア報道などもあり、その時ちょうどベルファーストで撮影中だったこともあり、なんとも複雑な心境です。
天候により救助が難航しているようで心配ですが、これ以上被害が大きくならないことを願うと同時に、ベルファーストの観光誘致に影響を及ぼすことのないよう願うばかりです。

コメント

どうも、おかげさまで無事に日本に帰国しました。
何もして無いのに1ヶ月本当にあっという間でした(苦笑)←犬の世話だけは誰よりもしていましたが(笑)

この博物館、ぜひともいって見たいですね。
といっても、実は私、タイタニックに興味がなく、映画を1度も見たことが無いのですが(ひねくれていた私は流行に乗るのが嫌だったのです(苦笑))
建物が素敵で、きっと凄い見ごたえなんじゃなかろうか・・・と予測します。
今度、アイルランドに行ったら行きたい場所リストに追加しておきます(笑)

素敵な情報ありがとうございます!!

ゆきさんへ

今年は雪が降ったりすることもなく穏やかな年末年始で、いい時にいらっしゃいましたね。
ベルファーストも近年、とても活気づいてきて、街歩きも楽しくなってきました。次回いらしたらぜひ!

今年もよろしくお願いいたします♪

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
秋のケルト市
10月9日(月/祝)浅草ライオンスタジオ

★トークショー「アイルランドの知られざるヒーロー/ヒロインたち」
イベント詳細&お申込みはこちらこちら

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。2000年よりアイルランド在住。アイルランドでの生活、ガイド業を通してのさまざまな体験を皆さんと共有できたら嬉しく思います。最近の趣味はサーフィンとバラ栽培♪

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ