記事一覧

ダブリンからの絵葉書

先日、日本の実家に滞在している時に、古い段ボール箱の整理をしました。
箱の中身は、11年前に東京の住まいを引き払った際、実家に残していった思い出の品いろいろ。

添乗員時代に世界の各地で手に入れた飾り物、古いアルバムや写真、友人が誕生日に作ってくれたクロスステッチ、雑誌の切り抜き、もったいなくて使えずにいたきれいなカードやレターセット…などなど。昔大切にしていた自分の世界が、箱の中から次々に出てくるかのようでした。

その中に海外から送られた絵葉書の束があり、なんと、ダブリンからのポストカードを発見。

cardfromdublin
赤と黒のジョージアン・ドアが2つ並んだこんなカード

cardfromdublin2
切手の顔は「ESB(アイルランド電力公社)創設の父」として知られるトマス・A・マクローリン(Thomas McLaughlin, 1896-1971)

添乗員時代に仲良くしていた同僚のHさんが、添乗中にダブリンから送ってくれたもの。かれこれ15年位前のものです。
この時Hさんは語学研修の学生さんのアテンドで1か月ほどダブリンに滞在していて、添乗から戻ったらまた会いましょうね~と書かれていました。
私がまだアイルランドに一度も来たことがなかった頃の話です。

当時Hさんとは添乗先の資料を貸し借りしたり、仕事を通じて仲良くさせていただいていました。
おそらくアイルランドの話もいろいろうかがったと思うのですが、あまり記憶にありません。雨がたくさん降って暗かったけれど、人はいい人たちだったよ~なんてことを聞いたのではないかと思います(笑)。

その数年後にこの絵葉書の街に自分もやって来て、その後長く住むことになるとは。
今では音信不通になってしまったHさん、元気にしておられるでしょうか。この葉書をもらった頃の自分や、自分の周りに起こっていたさまざまなことは、今となってはなんだか別の世界のことのように思われます。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
秋のケルト市
10月9日(月/祝)浅草ライオンスタジオ

★トークショー「アイルランドの知られざるヒーロー/ヒロインたち」
満員御礼にて無事終了、ありがとうございました!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。2000年よりアイルランド在住。アイルランドでの生活、ガイド業を通してのさまざまな体験を皆さんと共有できたら嬉しく思います。最近の趣味はサーフィンとバラ栽培♪

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ