記事一覧

禁酒宣言!

あることがきっかけで、しばらく「禁酒」することにしました。

ギネスもウィスキーも赤ワインも大好きなのですが、もともとアルコールに強い体質…というわけではなく、量はあまり飲めなかったはず。
ところがアイルランドにいる以上、社交のシーンにお酒はつきもの。こちらの生活が長くなるにつれて、一回の飲み会での酒量がかなり多くなっていることに気が付きました。
加えて、家では赤ワインを飲む習慣がついてきて、気が付けばほぼ毎日飲んでいる状態に。

飲んでも悪酔いしないのなら構わないのですが、このところ、飲み会後に反省すること多々。で、ついに「これはいかん!」ということが起こったので、数日前から、「ひとりdrinking ban(禁酒法)」を決行すること。

昨日、サーフ仲間との定例の飲み会があったのですが、飲まないためにあえて車でパブへ。約5時間、ソフトドリンクと水で難なく乗り切りました!
しかも、酔っ払わなくても十分楽しいことが判明。普段から、しらふの状態で十分ハイなので、飲まずしておとなしい人が酔っ払った時くらいのテンションであることをあらためて自覚。パブに車で行けるのでタクシー代も節約できるし、飲んでぐらぐらしたり、眠くなったりしない分、皆との社交をより楽しめたようにも思います。

アイルランド人はみな酒豪…といったイメージがありますが、飲まない人は全く飲まないです。
飲まない人に無理やりすすめるようなこともないので、付き合いで飲まされる…といったようなこともありません。
ギネスを5杯、6杯と飲んでいる人のかたわらで、ひたすらソフトドリンクを飲んでいる私に、特に気をつかう人もいないのも楽ちんでした。

これからハロウィーンにクリスマス…と冬の社交シーズンに突入しますが、年内は「ひとり禁酒法」を守ってみようと思っています。
冬はギネスがおいしいシーズンですが…しばらくの間、お別れです♪

drinkingbanguinness
しばらくは見るだけ…!


コメント

禁酒頑張ってくださいね! 

私もアルコールがあまり飲めない体質だったので、
語学留学でWexfordにいるときは、ほぼノンアルコールで3ヶ月を過ごしました。(毎日Pubにも行ってませんでしたし)
こんなんだったので、アイルランド行く前も行った後も、日本人の友達には『何をしにアイルランドに行ったの?』と言われました(笑)

でも、アイルランドでジュース(コーラとか)をPubで注文する際、全く嫌な顔をされる事も無く、また案外体質的にアルコールを摂取してはいけない人なんかも結構多い事からか、周りの人にもあまり『え?』って顔をされませんでした。
(まぁ、若いスパニッシュなんかには、『あれ?』とは言われましたが)
日本なんかよりも、よっぽどいいなって思いましたね。

でも1回だけ、Pubで友達がGuinnessを頼んだ後に、コカコーラって言ったら、お店の人に3回くらい聞きなおされて『あぁ!コーラね!!』って言われた事がありました。
アルコールの後にノンアルコール注文すると、お店の人もちょっと戸惑うみたいです(笑)

Re: 禁酒頑張ってくださいね! 

コメントありがとうございます。
最近のアイリッシュは、パブで飲むこと以外にもいろいろとやることが出てきたせいか、以前よりも飲まなくなったような気がします。
飲まなくても十分ハイですしね(笑)。

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

おかげさまで重版決定
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。
Instagram

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ