記事一覧

下町のコテージ

引っ越し作業もついに終了し、新しい家に落ち着きました。
短期決戦(!)でめぐり会った今度の家は、ギネス工場にほど近い、昔ながらの下町のコテージです。

newhoused8
こんな長屋風の家並みのひとつを借りました♪

このエリアは、ギネス工場の従業員の宿舎として、20世紀初頭に宅地造成された地域のようです。
調べてみると、私の家も1900年代初頭にはすでにあったようで、最低でも築100年は経っている民家。内部はきれいに改装されていて、こんな感じです。

newhoused83
小さいけれど居心地のいいリビングルーム。写真には写っていませんが、暖炉もあります。荷物も落ち着く場所に落ち着き、やっと自分の家らしくなりました

内装がモダンすぎないところも気に入っています。特にキッチンは廊下の途中にあるような細長いタイプで、1970年代の日本の民家のよう。落ち着きます。
まだ引っ越したばかりだというのに、なんだかもう長いこ住んでいるかのような気がする、不思議な家です。

ご近所さんも近しい感じで、家の前で井戸端会議があったり、「何かあったらいつでもウチの戸をたたくように」と言いに来てくれた長屋の親分のようなおじさんがいたり…。
下町での暮らしも、なんだか面白そう。これから楽しみです♪

newhoused82
玄関の扉の脇にある凹み。ここで靴の裏についた泥を落としてから、家に入ります。古い民家ならではのつくりですね

コメント

こんにちは。お引っ越し御苦労様です!
ほのぼのした外観の、居心地のよい雰囲気がこちらにも伝わってきます!
お隣の気配が感じられるだけでも安心できるときありますから、ご近所さんと楽しく生活できるといいですね!
日本は今台風まっ只中です!四国を通過しているのに、関東まで雨風の影響すごくて、風さん、もう勘弁!って感じです!
ではよい週末を~!

Umiさんへ

そうですね、周囲に人がいる気配あると安心しますよね。
台風、くれぐれもお気を付けくださいね。Umiさんも楽しい週末を!

素敵ですね♪

なんだか、昔ながらのアイルランド民家って感じなんでしょうか。
築100年とか日本だったらまずありえませんね!

沢山の人が住んでいた場所はその人たちが使って人が住む事が馴染んでいるのではないでしょうか?
新築物件って、本当にここ人が住むの?
という感じの新しさなので。

これから、ナオコさん色にこのおうちを染めていってあげてください。
きっとおうちもナオコさんに住んでもらいたくて、呼び寄せたんじゃないでしょうか?

お引越しご苦労様でした&ツアーの陸移動ご苦労様です。

Re: 素敵ですね♪

ゆきさん、こんにちは♪
温かいメッセージをありがとうございます。
私もそう考えるのが好きです。ここに住むことになっていたんだな~って気がしています。

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

好評につき重版決定
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ