記事一覧

『月の出の脱出』

昨日アイルランドのTV局TG4にてThe Rising of the Moon(邦題:月の出の脱出)』という古い映画を放映していました。

1957年、ジョン・フォード監督の白黒映画。解説役として、タイロン・パワーが登場(ジョージアン・ドアを開けて出てきます~)。この2人、どちらもハリウッドで活躍した代表的なアイリッシュ・アメリカン。
ジョン・フォード監督のお父さんは、ゴールウェイ近くのスピッダル(Spiddal)村出身。タイロン・パワーは、「私の母はカウンティー・ウォーターフォード出身です」と映画の中で自ら語っていました。

ジョン・フォード監督のアイルランド作品と言えば、ゴールウェイ近くのコング村&その周辺で撮影された『静かなる男(The Quiet Man)』が有名。『月の出の脱出』もやはり西海岸で撮影されたと見えて、私の見慣れた景色もいくつか出てきました。

冒頭にはモハーの断崖、タワーハウスの廃墟はおそらくオーグナヌア城Aughnanure Castle)でしょう、藁葺き屋根のコテージ古い駅舎、そしてゴールウェイ・シティーのスパニッシュ・アーチの50年前の様子がなんとも興味深い…!

内容は、3つの異なる作品のオムニバス。第3話の『1921』が、グレゴリー夫人がアイルランド民謡“The Rising of the Moon”にインスピレーションを得て書いた戯曲を原作としたものです。
恋人が身代わりとなり脱獄した男性が、月夜の晩にゴールウェイ湾からボートに乗って逃亡するというストーリー。

かれこれ5年ほど前になりますが、お客様のお1人が「若い時にこの映画を見て、ずっとアイルランドに来てみたいと思っていました~」とおっしゃっていたのを思い出しました。それ以来、一度ちゃんと見てみたいな~と思っていたので、たまたまTVで見ることが出来てラッキーでした。
「ライジング・オブ・ザ・ム~ン」と繰り返し流れる曲が印象的で…とお客様がおっしゃっていた通り、私も見終わったあと、一日中その部分が頭の中をぐるぐる回っていました~。

“The Rising of the Moon”はこちらのサイトで聞くことが出来ま~す。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

おかげさまで重版決定
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。
Instagram

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ