記事一覧

野生のイルカ、ダスティーと泳ぐ

この週末、ドゥーリン(Doolin, Co. Clare)に滞在中、野生のイルカと泳ぐという貴重な体験をしました!

10年ほど前からカウンティ―・クレア沖に住みついている一頭の野生のイルカ。ダスティー(Dusty)と名付けられ、地元の人々に親しまれています。
通常は群れで見られるイルカですが、ダスティーは単独。以前はファノア(Fanore, Co. Clare)のビーチにいたのが、近頃ホワイト・ストランド(White Strand, Co. Clare)に移ったと聞き、サーフィンの合間に立ち寄ってみると、ビーチにいた地元の人から今はドゥーリンの波止場にいると教えられました。
それこそ、私たちが宿泊している場所の目と鼻の先。ダスティーが波止場に来やすい満潮時に合わせて、早速出かけてみました。

海を見つめることほんの5分ほどで、水面にダスティーのとがったひれ部分を発見。大急ぎでウェットスーツに着替え、海へ飛び込みました。
水の中では音は何倍もの大きさで伝わるため、ダスティーに気付いもらうため、水中で石を鳴らしたり、手足をバタバタさせたり。しばらくすると音に反応したダスティーが姿を現し始め、私たちの周りを円を描くように泳ぎ始めました!

doolindolphin3
しばらく一緒に泳いだのち、波止場の石段までやって来たダスティー

気が付けば、多くの人が波止場に集まっており、ダスティーの行く手をあっちだこっちだと指さし始めていました。中には、このイルカと10年間毎日一緒に泳いでいるというドイツ人のウタさんの姿も。
ダスティーのさまざまなゼスチャーがどんな意味を持つのか教えてくださいました。

doolindolphin2
波止場に集まってきた観光客になでてもらって、気持ち良さそうなダスティー

アイルランド沖に住みつく野生のイルカとしては、ディングル(Dingle, Co. Kerry)のフンギ(Fungi)が有名。それこそ20年以上もディングル湾にいる野生のイルカで、フンギを見るボート・ツアー、フンギと一緒に泳ぐツアーなども存在します。
フンギが商業化されているのに対して、こちらダスティーは知る人ぞ知る野生のイルカ。フンギに負けないくらいフレンドリーで、人が集まってくればくるほど喜ぶようで、飛んだり跳ねたりしてみせてくれます。

ダスティーは全くの野生のイルカですから、こちらの出方次第ではアグレッシブにもなりえます。(事実、私たちが去った後、子供が近づいてダスティーのひれをつかむという出来事がありました。ダスティーは身をひるがえして暴れ出し、何度も潮を吹きあげたのです)
泳ぐ時の注意点は、いきなり腕を出してさわったりつかんだりしようとしないこと。近くをそっと泳ぎながら、ダスティーの方から近づいてくるのを待ちます。
近くに来たら両腕を前に出して水に浮くようなポーズをすると、ダスティーの方から鼻を近づけて来てくれたりしますので。

アイルランド西海岸での思いがけない出会い。初めて出来たイルカの友達、また近いうちにぜひ会い戻りたいと思います♪


doolindolphin
行楽シーズンでにぎわっていたこの日のドゥーリン。「野生のイルカがいるぞ~」という噂はあっという間に広がり、私たちが海からあがって着替え終わった頃には大変な人出に…!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
秋のケルト市
10月9日(月/祝)浅草ライオンスタジオ

★トークショー「アイルランドの知られざるヒーロー/ヒロインたち」
イベント詳細&お申込みはこちらこちら

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。2000年よりアイルランド在住。アイルランドでの生活、ガイド業を通してのさまざまな体験を皆さんと共有できたら嬉しく思います。最近の趣味はサーフィンとバラ栽培♪

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ