fc2ブログ

アーダラ村のドネゴール・ツイード

dohertyardara4
窓辺に置かれた古いつむぎ車

雑誌の撮影班のみなさんをお連れして、ドネゴールのアーダラ村(Ardara, Co. Donegal)へ。

ドルメン(キルクルーニー・ドルメン)、ビーチ(南ドネゴールの秘密のビーチ!)、滝(アーダラの滝…嵐の日!)、お料理&お庭自慢のゲストハウス(秋のウッドヒルハウス)…などなど、私のお気に入りの場所の多いアーダラ&周辺ですが、ここはかつてツイード織りの集積地としてにぎわった村でもあります。
村には今でも伝統的な機織りを継承するドハティーさん親子がいて、ツイード・ショップを経営しています。

dohertyardara3
その名も「エディ・ドハティー(Eddie Doherty)」ツイード店。アーダラの村のメイン・ストリートにあります

dohertyardara2
暖かい風合いが伝わってくるようなドネゴール・ツイードのスロー(ベッドなどにかける布)

今や国内でも数えるほどしかいなくなってしまったツイード織りの職人さん。
店の奥には織機があり、お願いすると、この道60年という店主のエディ・ドハティーさんが機織りを実演してみせてくれます。
昨日私たちが訪れた時はエディが外出中だったので、息子さんがやってみせてくれました。

dohertyardara
親父ほど上手にはできないけれど…と言いながらも、手足を器用に動かしてみせてくれました

スロー、マフラー、ジャケット、帽子、室内履き…など、素敵な本場ドネゴール・ツイードの商品が所狭しと並ぶ店内ですが、お値段がリーゾナブルなことも魅力。
カメラマンさんが気に入って買った素敵なツイードのキャップは、なんと30ユーロ。日本で同様のものを買おうと思ったら、倍以上するでしょう。

dohertyardara5
カラフルなツイード織のベスト

こういった伝統工芸が昔からと同じ場所でさりげなく継承されているのが、アイルランドの良さ。
そこへ行けばいつもある…という「ホンモン」感が、なんとも素敵な感じがしました。

※ドハティーさんのツイード製品はネットでも購入することが出来ます。→Handwoven Tweed by Eddie Doharty

関連記事

コメント

Pearl

カラフルベスト、超カワイイ!

naokoguide

Pearlさんへ
今度、お土産に買って帰りましょうか??(笑)
非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

福岡市にて講演!
2022年4月24日(日)14:00~

★『赤毛のアン』に見るケルト
→終了、ありがとうございました!

東京「春のケルト市」にて講演!
2022年5月3日(火祝)11:00~

★牛とジャガイモと移民の歴史
→終了、ありがとうございました!

オンライン講座配信
見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら
新規講座! →詳細決まり次第お知らせいたします!

カレンダー

05 | 2022/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ