記事一覧

英国女王、アイルランドを訪問中

一昨日より4日間の予定で、英国のエリザベス2世女王がアイルランドを訪問中です。

女王の移動に合わせて交通規制が行われるのですが、普段はにぎやかな通りから人気がなくなり、ガーダ(アイルランドの警察官)だけがずらりと並ぶ…という、まるで映画の中の一シーンのような様子がダブリン・シティーセンターのあちらこちらで起こっています。

queensvisitdublin
ナッソー通りにて。女王が通り過ぎた直後に規制が解除されて、人々が歩き出したところ

昨日は一日、グループ・ツアーのダブリン市内観光をご案内していたのですが、交通規制にかかり、ちょっぴりミステリー・ツアーのようでした(笑)。
それでも、なんとか無事にご案内することが出来て、ほっとひと安心。
女王はトリニティーカレッジやギネスストアハウス、ゲーリックゲームの殿堂クロークパーク球場などを訪問。明日はダブリンを出て、ロック・オブ・キャシェル、コークへ向かいます。
ギネスストアハウスでは、残念ながらギネス・ビールに口をつけることはなかったとのこと…です。

英国君主のアイルランド訪問は、アイルランドの独立以来・初。1911年に現女王の祖父にあたるジョージ5世がアイルランドを訪問して以来、なんと100年ぶりとなります。
歴史的な出来事であり、英愛二国間の関係にとっては大きな前進ではありますが、警備に莫大な費用がかかっていることを思うと…。(夜中も警備のヘリコプターがシティーセンター上空を旋回しています!)
経済危機の最中のアイルランドで、今これが本当に必要なことなのかな…とちょっと複雑な心境です。

queensvisitdublin2
今日の夜のダブリン。交通規制のため、街はまるでゴーストタウンのよう…!

コメント

ギネス、プリンスが興味津々でしたねぇ!
ロイヤルファミリーはパブリックでお酒を飲んじゃいけないので飲まなかったんですって。
普通のお年寄りと考えると、とても達者なお二人ですよね。

コンベンションセンターのコンサートを見てましたが、アイリッシュでないわたしが今までの歴史をちょっとかじっただけですがエモーショナルになりました。
小さな騒音はいろいろありましたがとても意義のある訪問になりましたね。

foohさんへ

無事に女王訪問が終了し、本当にほっとしました
忙しくてあまりちゃんと映像を見る暇がなかったのですが、この期間はほとんど街にいたので、臨場感いっぱいでした。
そうですね、私もニュースを見たりして、時々じ~んと来たりもしましたが、それよりも警備にかかった費用を考えると…。今、ここにお金を使ってていいの?…と複雑な心境でもあります。

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
秋のケルト市
10月9日(月/祝)浅草ライオンスタジオ

★トークショー「アイルランドの知られざるヒーロー/ヒロインたち」
イベント詳細&お申込みはこちらこちら

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。2000年よりアイルランド在住。アイルランドでの生活、ガイド業を通してのさまざまな体験を皆さんと共有できたら嬉しく思います。最近の趣味はサーフィンとバラ栽培♪

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ