記事一覧

クレアの魅力

carranchurch
ぽつんと立つ廃墟の教会。西クレアに多く見られる景色です(Carran Church, Co. Clareにて)

ロケハンも無事に終了し、昨日ダブリンに戻りました。

今回のTV番組は内容のほとんどがカウンティー・クレア(Co. Clare)内で撮影されるため、この数日間、クレアのさまざまなシーンをディレクターさんにお見せして回っていました。
いろいろと個々に書きたいこともあるのですが…。なかなか時間がないので、写真にてクレアの魅力をご紹介させていただきますね。

aileensitecliffs
モハー断崖近く。ここがビッグ・ウェイブ「エイリーンズ(Aileens)」が起こる場所。この日は大波はなし

hurlinggirls
クレアと言えば、国技のひとつハーリングが盛んな地。女の子の試合に偶然にも行き当たりました(女子のハーリングはカモーギといいます)

ennisnusician0511
エニス(Ennis)の街角で。若い才能あふれるミュージシャンがいっぱいです

dominicfeakle
フィドラーでもあり、ファーマーでもあるドミニクさん。お宅におじゃまして、彼の人生の興味深いお話をたくさんうかがわせていただきました

miltownmalbey
昼下がりのパブ・Lynchにて。ミュージシャンが来るのを待っています(Miltown Malbeyにて)

pepperssession
先日のブログでもご紹介したフィクルのパブ、Pepper'sでのセッション。クレアでは伝統音楽シーンがひときわ盛んです

lehinchsurfer0511
そして、サーフィンも!ラヒンチ(Lehinch)にて難しいコンディションで波を乗りこなすサーファー。ディレクターさんもサーファーだとのこと、2人でやりたいですね~と波を見つめながらも、残念ながらその時間はありませんでした…

撮影は2週間後。まだまだ仕込みに忙しい日々が続きますが、どんな出会いがあるのか…楽しみです♪





コメント

そういえば私が習っていた楽器の先生は、元タラケーリーバンドのメンバーだったPaddy Canny(結構早くに脱退されたそうですが、フィドルの名手で有名な方です)さんのお孫さんで、やっぱり伝統をそのまま親→子へ引き継ぐのだなあと思いました。クレアは伝統音楽で有名すぎて、ここに住んでいて伝統楽器を何かやっていないと肩身が狭い思いをしそう(?)でした(笑)。

Uisceさんへ

Uisceさん、こんにちは。
そういえば、Uisceさんはクレア出身(?)でしたよね。ほんとに、道を歩けばミュージシャンにぶつかる…というくらい伝統音楽があふれていますよね。
日本人の演奏者の方もたくさんいらして、パブのセッションに参加しておられたり、地元の人から名前があがったりするので驚きました。その一人はUisceさんのことだったりしたかもしれません!

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
秋のケルト市
10月9日(月/祝)浅草ライオンスタジオ

★トークショー「アイルランドの知られざるヒーロー/ヒロインたち」
イベント詳細&お申込みはこちらこちら

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。2000年よりアイルランド在住。アイルランドでの生活、ガイド業を通してのさまざまな体験を皆さんと共有できたら嬉しく思います。最近の趣味はサーフィンとバラ栽培♪

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ