記事一覧

フリーダ・カーロ&ディエゴ・リベラ展 in ダブリン

ガイド仲間のSineadに誘われて、IMMA(Irish Museum of Modern Art=アイルランド現代美術館)で新しく始まった「フリーダ・カーロ&ディエゴ・リベラ展」へ。
日のさんさんと降り注ぐ春の日の午後、美術鑑賞を楽しみました。

fridadiegoexhib2
本館の外にあるNew Galleriesにて

身体的障害をかかえながらも優れた作品を生み出し、時の芸術家たちを魅了し続けたメキシコ人画家、フリーダ・カーロと、壁画画家としてよく知られるその夫、ディエゴ・リベラ
私がこの2人を知ったのは数年前の映画「フリーダ」公開の頃から。情熱的に生きた彼女の人生、美女と野獣ともいえるこのカップルに興味を持ち、そこから彼らの作品に関心を持ち始めました。

ディエゴ・リベラの有名なカラーの花をモチーフにした絵や、フリーダの自画像(眉毛に注目!)のオリジナルをダブリンで見ることが出来るなんて…。なんだか夢のようでした。

展示は6月26日まで。期間中にダブリンでお時間のある方、お勧めです。
(金曜日は入場料無料です。私たちはたまたま金曜日に行き、ラッキーでした♪)

美術館は、ジョージ王朝の元に栄えていた17世紀ダブリンを代表する旧ロイヤル・ホスピタル(Royal Hospital Kilmainham)内にあります。退役軍人のホームとして建てられたもので、当時を代表するシンメトリーのすばらしい建物。

fridadiegoexhib
建物中庭にて

私は美術鑑賞には環境も大切…と思っているので、森の中や自然の中にあったり、歴史的建造物を使用した美術館が好き。IMMAはダブリン・シティーやフェニックス・パークを見晴らす高台にあり、すがすがしい環境の中でアートに触れることが出来ます。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
★スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培。愛読書は『赤毛のアン』、W.B.イエーツ詩集♪

カレンダー

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ