FC2ブログ

記事一覧

スウィフトと『ガリバー旅行記』

『ガリヴァー旅行記』の作者ジョナサン・スウィフト(Janathan Swift, 1667-1745)は、ダブリン出身のイギリス系アイルランド人。晩年の32年間、ダブリンのセント・パトリック大聖堂の司祭長を務めていたことで知られています。

swifttomb
セント・パトリック大聖堂内のスウィフトの墓所

トリニティー・カレッジを卒業し、ロンドンのテンプル卿(テンプル・バーの名の由来となった人物)の秘書をしていたスウィフト。
政治界進出への有力なコネを持っていたにもかかわらず、その著作に当時のイギリス社会への批判を込めたため、出世の道が絶たれてしまいます。
本来は「主教職」を希望してにもかかわらず、英国のアン女王に嫌われて、主教よりランクが下の「司祭長」としてダブリンのセント・パトリック大聖堂に任命されたのでした。

『ガリヴァー旅行記』は、スウィフトがこの教会に務めていた間に書かれた作品です。
子供向けのお話かのように捕らえられがちですが、本来は風刺小説という分野にジャンルされる4部からなる長編小説。体長15センチの人々が住むリリパット国は、当時のイギリスを象徴しており、「卵の殻は大きい方からむくのか、小さい方からむくのか」をめぐって敵国と戦争するくだりは、カトリック国との宗教&権力争いを象徴していると言われています。

第3部では、さまざまな国を旅することになるガリヴァー。宮崎駿さんのアニメ『天空の城ラピュタ』にインスピレーションを与える「空飛ぶ島ラピュタ」はここに出てきます。
江戸時代の日本にもやって来たガリヴァー、そこで「踏絵」を強要されるエピソードはなんとも興味深い(結局、ガリヴァーは「踏絵」を免れるのですが)!

ガリヴァーは1709年にザモスキ(三浦半島の観音崎)に上陸、長崎より船でイギリスへ帰ります。
ガリヴァー上陸300周年を迎える2009年に向けて、観音崎ではさまざまなイベントが予定されているとのこと、これまた楽しみですね~。

大国同士の権力争いのくだらなさ、イギリスの圧政下で苦しむアイルランドの貧困、科学の発展の陰で失われていく自然環境、名声を得て堕落する人々などなど…ファンタジーの形を借りて、当時のイギリス社会をとことん皮肉った『ガリヴァー旅行記』
子供の本や古典の中に埋もれさせてしまうのはもったいない!あらためて読み返すに値する作品です~。

セント・パトリック大聖堂は、ダブリン市内観光で必ずと言っていいほど立ち寄る場所のひとつ。
いつもスウィフトの墓所の前で立ち止まり、スウィフトと『ガリバー旅行記』について案内をさせていただきながら、いつの時代も「出る釘は打たれる」、しかし「出ないとさびる」とおっしゃったどなたかの言葉を思い出します。

変人扱いされようとも、社会に迎合しなかったスウィフトの骨のある生き方。生きている間は辛かったかもしれませんが、人の生は必ずしも自分自身や自分の生きる時代のものだけはない、ということが分かっていた人かもしれないな~と思ったりするのです。

コメント

宮崎アニメとアイルランドとフリーメイソン

宮崎アニメとアイルランドとフリーメイソンをチェックしている間にここに行き着きました。びっくり!すごい濃い内容!!脱帽ですよー!!!
本日お別れした後行ったNCHでジュードに遭遇。ご夫妻で仲良くクワイヤー席。TipperaryのFamでナオコガイドと旧交を温めた話がでました。いやー懐かしかったです。

Liliさんへ

発見してくださってありがとう!いや~恥ずかしいから内緒にしてたんですけど、こうやってコメントいただくと嬉しいです~。
次回のファムはジェリーのミステリー・ツアーの予定。Liliさんも一緒に行きましょう!

お世話になりました

9/19から9/25まで大変お世話になりました。観光のみならず、私たちの欲しい情報もたくさん頂きました。理解できていない事は、また教えて下さい。
帰路のパリ空港で、キャセイのデスクが見つからずに、少し大変でしたが無事に福岡に到着しました。機内預けのトランクが一個パリで積み込み忘れられていました。今日の便で届くとのことです。カメラを無くされたとのことで、和服を着ていたメンバーが写真を送りたいとのことで住所を教えて下さいとのことです。アランでの写真掲載していただき感動しています!!

メイプル会 西野さま

コメントありがとうございます!
こちらこそ、楽しくご一緒させていただきありがとうございました。
写真お送りくださるとの事、楽しみです。
西野さまのメール・アドレスが文字化けしてしまって出てこないので、恐れ入りますが、お渡しした名刺上のアドレスへメールしていただけますでしょうか?

コメントの返信をいただきまして、有り難うウございます。ブログをお送りする前にメールで何度もお送りしましたが、エラーで送信できませんでした。再度挑戦しましたが、ダメでした。 こちらのFAX:0942-39-6751です。ご返事をお待ちします。

西野様へ

今度は、西野様のメールアドレスを読むことが出来ましたので、お返事させていただきますね!

記事、参考になりました

「ガリバー旅行記  スウィフト」でネット検索して貴サイトを見つけました。記事が面白く参考になり、あれこれ書いて見ました」
 http://atky.cocolog-nifty.com/bushou/2006/10/post_7dc9.html
アイルランドで現地ガイドをされているのですね。
アイルランドというと、ジョイス、ケルト人などを連想します。
気象や風土はどうなのだろう。いつかは行ってみたいものです。

やいっちさんへ

ありがとうございます。
早速、やいっちさんのブログ、拝見させていただきました。面白い!リンクしていただき、ありがとうございます。
今日が、スウィフトの命日だったんですね。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

スウィフトや遠路はるばる風刺かね

 昨日18日、フレッツ光が開通!  システムを変更するのは、パソコンに疎いものに

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

おかげさまで重版決定
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。
Instagram

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ