記事一覧

アスローンのセント・パトリックス・パレード

athlonelongshot
人口約15000人のアスローン(Athlone, Co. Westmeath)の町。町でいちばん高い建物シェラトン・ホテルに最上階から撮らせていただいた俯瞰ショット

ここ数年、ダブリンやゴールウェイばかりでなく、地方の町や村でもさかんに行われるようになってきたセント・パトリックス・デーのパレード。
今年は全国50数ヶ所にてパレードが行われたとのことですが、私はTVの撮影班の皆さんと一緒に、アイルランド内陸部の町アスローンにて楽しませていただきました。

athlonepaddysday112
パレードの審査員席。アスローンの町長さんや町の名士たちが審査員を務めます

athlonepaddysday113
今年のパレードはすべて地元から、計60団体が参加。お天気も良く、沿道には見物客がいっぱい

athlonepaddysday114
今年のパトリックス・パレード委員会の委員長を務めるヘレン(左)も、すっかりパトリックス・デー仕様!

athlonepaddysday115
ちびっこもブラスバンドに参加。晴れの日にちょっぴり緊張気味

athlonepaddysday116
地元の歴史遺産を推奨する団体。かかげている銅像はアスローン出身のテノール歌手ジョン・マッコーマック(John McCormack、1884-1945)

athlonepaddysday117
ちびっこアイリッシュ・ダンサーたち

athlonepaddysday118
ハーリングのクラブチーム。小さな子供もハーラーを持って…

athlonepaddysday120
乗馬クラブの子供たち。レプラコーンに引率されています

athlonepaddysday119
TVカメラの前でにっこりポーズしてくれた女の子たち

このアスローンのパレードを撮影するにあたって、委員長のヘレンにコンタクトを取ったのが数週間前。
その後、アスローンの地元ラジオ局から電話があって私がラジオに出てしまったり、ホテルの支配人やゴルフ場、地元の観光に携わる人など、いろいろな人から電話がかかってきました。「うちのホテルをTVに出して」ということでは決してなく、いずれも「アスローンを選んでくれてありがとう。うちの施設をどうぞ使ってください。町の宣伝になるのならなんでも協力しますよ~」という申し出なのです。

委員長のヘレンを始め、多くの方が無償で協力を申し出てくださり、私たちの撮影に便宜を図ってくださいました。
日本からの撮影スタッフの皆さんも「いい町だね~」と楽しんでくださり、そういう現場の雰囲気は映像にちゃんと表れますから、町の人々の温かい様子が日本の皆さんにも伝わると思います。

今日で撮影は無事終了。10日を超える長いロケで、しかもその間に日本で地震が起こり…。いろいろなことがありました。
最後のロケ地となったアスローンの町の方々をはじめ、各地で多くの方が協力してくださり、本当に感謝しています。協力してくださった方々が関わるホテルや観光地など、番組では紹介しきれない部分もあるので、せめても私のブログで少しずつご紹介させていただけたら…と思っています。

番組の詳細は後日、お知らせしますね♪

athlonepaddysday11
アイルランド最長河川シャノン川のほとりの町、アスローン



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
★スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培など。愛読書は『赤毛のアン』とW.B.イエーツ詩集♪

カレンダー

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ