記事一覧

ストランドヒルの海藻風呂・VOYA

seaweedproducts0211
海藻を使ったプロダクト。シャンプー、スキンケア用品、キャンドル、海藻ティーなど種類も豊富でどれも高品質

アイルランドの西海岸に古くから伝わる民間療法に、海藻風呂というのがあります。
採れたての海藻(ワカメの類)を沸かした海水に入れて、そこに入る…というシンプルなもの。20世紀初頭には西海岸沿岸に300か所もの施設があったそうです。

今でこそ、海藻から出るヨウ素やさまざまなミネラルの効果が言われていますが、アイルランドでは300年も前からその効果が知られていました。
古くは土地の人が大釜を持って海辺に行き、海水を汲んでにそこに海藻を入れ、五右衛門風呂形式で海辺で楽しんでいたとのこと。皮膚病やリュウマチを和らげる効果もあり、リラクゼーションとしても気軽に行われていたようでうす。

そんな海藻風呂の伝統も時代と共に失われていき、現在西海岸で営業しているのはほんの数件。
そのうちの一件・http://voyaseaweedbaths.com/" target="_blank" title="VOYA">VOYA</a>" target="_blank" title="VOYA">VOYAは、サーフ・スポットとしても知られるスライゴのストランドヒル(Strandhill, Co. Sligo)にあります。
以前から海藻風呂ファンだった私は、近頃は特にサーフィン後の冷えた身体を温め、疲れをとるために頻繁に利用させてもらっています。

seaweedbath2
こんな感じで浴槽に海藻が。スチームルーム、シャワーも完備した個室でゆっくり入ることが出来ます。つかっているうちに海藻からエキスが出て、お湯は茶色味を増し、ドロドロしたゼリー状のものが身体にまとわりついてきて…。肌はすべすべ、髪はしゃきっとこしが出たようになります♪

先日、ロンドンからいらした温泉のリサーチをしているお客様をこの海藻風呂へご案内。
現在ご家族でこの海藻風呂を経営しておられる若きオーナー、ニール・ウォルトン(Neil Walton)さんに海藻の採取場所へ案内していただき、詳しい説明をうかがいました。

seaweedneil
片手にナイフ、片手に海藻の入れ物を持って、意気揚々と海辺へ向かうニール。この辺りは世界でももっとも水がクリーンな海なので、クオリティーの高い海藻が育つのです

このニールが、失われかけた海藻風呂の伝統を復活させた立役者。
かつてはストランドヒルだけで9つもあったという海藻風呂ですが、1961年に最後の一軒がハリケーンで破壊。それを今から10年ほど前、ストランドヒルに復活させてたのがニールなのです。

もともとプロのアスリートだったというニールですが、海藻風呂によるデトックス効果、ヒーリング効果を身をもって体験。
初めは海藻でビジネスをするなんて…と周囲にバカにされたとのことですが、海藻による健康法&ヒーリング法に強い信念を抱いていた彼は、時代が必要とすることはコレ!と突き進み、大成功。今や海藻の効果をラジオや学校で話したり、EUにアイルランドの海藻の保護を申請したりと、幅広く活躍しています。

seaweedneil6
VOYAでは海藻エステも行っているので、さまざまな種類の海藻を収穫するそう。これが海藻風呂に使われるものと同じ種類だそうです

海藻は根っこから切らずに、再成長する余地を残してナイフでカット。風呂で使用後の海藻は、オーガニック・ファームにて再利用されます。(入浴後、浴槽の横に置かれたバケツに各自が入れるシステムになっています)
もちろん、食べてもOK。「僕はいつもお風呂につかりながら食べてるよ」とニールが言うのを聞いて、ほっと一安心。実は私も食べていたので…笑。
(お風呂に入っている海藻ですが、ほんとに採れたて、って感じでおいしそうなのです。日本人なら誰もが食べたくなることでしょう)

seaweedneil4
お客様の質問にひとつひとつ丁寧に答えながら、海藻とその効果、さらには将来的な海藻の保護について熱く語るニール

印象的だったのは、経営者であるニール自身がVOYAのブランド・イメージそのものであること。
元アスリートらしい無駄のない体系の彼ですが、ライフスタイルもとっても健康的。肉はほとんど食べず、魚と野菜中心の食生活で、現在3つの会社をかかえ、小さなお子さんが3人いて多忙だそうですが、それでもこの10年間、風邪ひとつひかず超健康体だそうです。

彼が言うように、海藻を使ったビジネスは地球にやさしいサステイナブルな活動。
そんな彼の信念が貫かれている海藻風呂は、身体にも心にも効果大…に違いありません!

P.S. ちなみにVOYAの名前の由来は「voyage(旅)」。Celtic Seaweed Bathから世界展開するために名前を改めるに当たり、3000人に「海藻風呂のイメージは」という質問を投げかけたそうです。返ってきた答えの多くが、「時間の旅」とか「過去への旅」といったもので、「voyage(旅)」という言葉が最も多く使われていたそうです。

seaweedbath
ストランドヒルの海岸沿いにたつこの建物です

VOYA
Strandhill, Co. Sligo.
Tel +353 71 9168686
Opening Hours: Mon - Tues: 12pm - 8pm/ Weds - Fri: 11am - 8pm/ Sat - Sun: 10am - 8pm
※海藻風呂は一回25ユーロ(50分間)。その他、各種トリートメントも充実。要予約。
※冒頭の写真の海藻製品はHPから購入可能。

コメント

テレビでみたことがあります!
一度、入ってみたいなぁ~と思っていたんですが、
食べられるくらい安全なんですね☆
ニールさんの情熱を知って、ますます興味が出てきました。

ミネラルさんへ

海藻に含まれているゲルや酵素を殺さないように、急激な加熱をさけ、外気とのバランスを取りながらお湯の温度調節をしたりするそうです。
行く度にお湯の音頭がぬるめだったり、熱めだったりするのはどうしてかな~といつも思っていたのですが、納得しました。

ぜひ、試しにいらしてくださいね♪

コメントの投稿

非公開コメント

全ての記事を表示する

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)5月29日発売

ikarosbook0517
アマゾン
イカロス出版サイト

イベントのお知らせ
秋のケルト市
10月9日(月/祝)浅草ライオンスタジオ

★トークショー「アイルランドの知られざるヒーロー/ヒロインたち」
満員御礼にて無事終了、ありがとうございました!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。2000年よりアイルランド在住。アイルランドでの生活、ガイド業を通してのさまざまな体験を皆さんと共有できたら嬉しく思います。最近の趣味はサーフィンとバラ栽培♪

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ