記事一覧

ダブリン・ドックランドの未来予想図

dockland08042006
青空に向かってクレーンが突き出すこの光景は、ダブリン・ドックランドの南岸、グランドカナールドック(Grand Canal Docks)
80年代終わりから大々的に行われているドックランド開発計画の、いよいよ大詰めがこちらです。

写真の地域を含むリフィー河口の約520ヘクタールは、ダブリン・ドックランド開発局(Dublin Docklands Authority)により、1987年より開発が行われてきました。
先日、当局が主催するツアーガイド向けレクチャーに参加、ドックランドの未来予想図を垣間見てきました~。

docklandsmap
(ドックランド・センター内の開発プランモデル)

2008~9年までに完成予定のものは…

南岸
・公共の公園(Pierce Park)
・その周りに13000件の住宅(近代的なアパート。うち20%は市営住宅)
・2つのホテル(Ferrymnan Hotel, La Meridien Hotel)
・ニューヨークの建築家Martha Schwarzデザインの広場
・高さ100メートルのU2タワー!!(トップ2フロアーはU2のレコーディング・スタジオとなる予定)

北岸
・LUAS(路面電車)がポイント・シアターまで伸びる
・ナショナル・コンサート・ホール新館


完成予想写真を見る限り、とても感じのいい新都市空間が出来上がるようです。
旧市街エリアがパンク状態の現在のダブリンを考えると、このような空間が必要な時期がやってきたのかもしれませんね。

レクチャーのまとめをしながら、2年後、U2タワーが空高くそびえる頃には、私は何をしているのかな~と自分の未来予想図も描いてみたりしたのでした…。


コメント

U2はこちらで思う以上に偉大なんですね~。世間知らずで若かった頃はU2の歌で世界情勢を学んでいた口です。かなり昔、ボーノがガクランを着て歌っていた頃のU2しか知らないのですが、アイルランドでは日本で言えば美空ひばりみたいな存在なのでしょうか。

Pearlさんへ

Pearlさん、U2からバレエまで、ほんとに幅広いですね~。すばらしい!美空ひばりはどうかと思うけど・・・。(ちょっとスケールが違いすぎるけど、サザン・・・ではどうかしら?)

はじめまして。随分前にU2タワーのことを調べていて、お邪魔しました。アイルランド大好き(U2も大好き)なので、楽しく読ませていただいています。私のブログで紹介のリンクを貼らせていただいたので、TBします♪

tomoさんへ

どうもありがとうございます。
tomoさんのブログ、アイルランドのことがいろいろ詳しく解説されていて参考になりました。これからもよろしくお願いいたします!

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

U2 Tower

http://www.bcdh.com/LevelOne/U2Tower.html 2007年に完成予定だそうです。ア

スポンサーリンク

お知らせ ☘

新刊のお知らせ
「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)2017年5月29日発売

おかげさまで重版決定
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

イベントのお知らせ
スケジュールが決まり次第、お知らせいたします!

プロフィール

naokoguide

Author:naokoguide
アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。
Instagram

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ