FC2ブログ

インボルクは「種」が活性化するとき

今日から2月。ケルトの暦ではインボルク(Imbolc)と言って、今日から春を迎えます。
インボルクという言葉は、もともとアイルランド語で「お腹の中」という意味。動物たち、特にヒツジが赤ちゃんをお腹に宿していて、まだ産まれてはいないけれど、お腹の中ですくすく育っているんですよ…といったイメージらしいです。

以前に何かで読んだことがあるのですが…。冬にまいた種が、土の中で活動を起こし始めるのがインボルクだと。植物も動物も、種を活性化させる時期なんですね。
ケルトの暦ではこのあと、5月1日に始まるるベルティナ(Beltane)で芽が出て花が咲き、子が産まれ、8月1日に始まる(ルナサ)で収穫。ベルティナに出会った男女はルナサの祭りで結ばれ、子を宿し、11月1日に始まる(サワーン)には収穫も済み、動物も植物も冬ごもり…と、一年のサイクルが営まれていくのだそう。

インボルクは、まだ目には見えていないけれども、眠りから覚めた「種」が芽を出す準備を内側で整えている時。
芽吹きに備えて、自分の中にどんな「種」がまかれているのか、じっくりと考えるときでもあるのかもしれませんね。

春が待ち遠しいです♪

suisennome
クリスマスにいただいたスイセンの球根。こちらは土の中で待っていられず、もうこんなに芽を出しています(ここ1週間位で急に伸びたんです!)

関連記事

コメント

非公開コメント

naokoguide

アイルランド公認ナショナル・ツアーガイド。長野県上田市出身、2000年よりアイルランド在住。趣味はサーフィン、バラ栽培、ホロスコープ読み、子供の頃からのライフワーク『赤毛のアン』研究。

Instagram

お知らせ ☘

旅のガイドご予約・お問合せはこちら
ガイディング・アイルランド

「絶景とファンタジーの島 アイルランドへ」(イカロス出版)
おかげさまで重版
ikarosbook0517
イカロス出版サイト
アマゾン

秋のケルト市!
【ダブリンよりヴァーチャル出演!】
2021年10月30日
詳細・お申込み→こちら

★オンライン講座配信!
【新規講座】 →詳細決まり次第お知らせいたします!

見逃し配信ご購入可!
2020年6~8月・全6回→こちら
2020年12月・特別回→こちら

★岡山市にて講演
2020年10月

→2021年度に延期となりました

★福岡市にて講演
2020年12月

→2022年度に延期となりました

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ